東京オートサロンで例年、とくにブースが賑わうことでお染みのマツダブース。

詳細画像はこちら
詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

今回のショーメインステージに展示されたのは昨年発売されたCX-8で、小スポーツボートを積載する最大重量750kgの牽引装置、トレーラーヒッチが組み合わされての展示となっています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

その他、CX-3などのカスタムカーが展示される中、やはり観客が注していたのはロードスターでした。

今回ブースに展示されたロードスターは4台。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

をひく、ロードスターカスタムスタイル2018レッドトップ

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ロードスターRFカスタムスタイル2018。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

そして、パーティレース参加仕様ロードスターNR-A。

と、ここまで紹介した車両は3台。残りの1台はというと、ブース面に展示されたNA型ロードスターホワイトボディなのです。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ご存じの通り、マツダはNA型ロードスターレストアサービスを昨年発表し12月から申し込みをスタートさせています。

今回のショーでは作業中のホワイトボディを展示し、レストアサービスについて説明の場を設けるなど、NA型レストアに対するガチな思いをユーザーに伝える場としています。

NAユーザーとって、ATを中心としたパーツ枯渇が大きな問題となっているなか、マツダが手がけるレストアサービスの本気度をブースで確認してください。

テヅカ・ツヨシ

【関連リンク

価格は250万円〜。ロードスターが新以上になるマツダレストアメニューを徹底解説
https://clicccar.com/2017/12/22/539646/

クラシックカー免税!? マツダロードスターレストアサービスが第三者認を受けた理由とは?
https://clicccar.com/2017/12/23/541372

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【東京オートサロン2018】CX-8もいいけれど、マツダブースの主役はやはりロードスター!(http://clicccar.com/2018/01/13/549582/)