Bitbox Ltd.は1月12日、『Life is Feudal: MMO』をSteamにて早期アクセス販売開始した。価格は、ゲーム内で使えるプレミアム通貨や武器スキンなどを入手できるスターターパックが3種類販売されており、それぞれ3300円・5150円・1万300円となっている。本作は、2015年リリースされたマルチプレイRPGLife is Feudal: Your Own』に続く新作だ。引き続き中世ヨーロッパを舞台にしながら、今回はMMO RPGとしてプレイヤー数や自由度などを大幅に拡している。なお、公式サイトは一部日本語化されているが、ゲーム英語版である。

Life is Feudal: MMO』の舞台はアベラと呼ばれる、21km四方にわたるオープンワールド広大だ。前作のの実に50倍ほどの広さで、1万人以上のプレイヤーが同時にプレイできる。ただし、新たな生活をめて流れ着いたプレイヤーがまず訪れるのはNewbie Islandというで、ここでNPCに話しかけてクエストをもらいながら、基本的な操作やゲームプレイの流れなどを学ぶことになる。ゲーム開始時におこなうキャラクター設定では、性別や種族、髪型刺青などの見たを選べ、そして体や俊敏性などの基本ステータスや、クラフトスキルやコンバットスキルの各種ステータスを調整できる。ステータスは保有スキルポイントを割り振る形となっている。

Newbie Islandで請け負えるクエストには、たとえば「を釣ってきてくれ」というものがあり、その場合はの中を探索して資を集めて釣り竿クラフトしてから、を釣る必要がある。なお、Newbie Islandにはいくつか独自の制限があり、たとえばPvP効になっていたり、空腹度がゼロにならなかったり、スキルキャップが低めに抑えられていたりする。また地面を掘ったり建物を建てるなどマップに変化を加えたとしても、実時間の1週間ごとにリセットされる。その名のとおり、あくまで初心者が一時的に過ごすためのなのだ。もう準備万端だと感じたなら(あるいはゲーム開始すぐでも構わないが)最初に訪れる村の中のとある場所へ行って、制限のい本番のアベラに向かおう。なお、アベラに行くにはスターターパックに含まれるチケットが必要で、キャラクター1体ごとに1枚消費する。

ひとり巨大なに放り込まれたなら、まずは日々を生き抜かなくてはならない。探索を通じて資を入手し、拠点となる場所を確保するのだ。また空腹になれば食べ物も必要で、料理をするなら火の確保も忘れてはならない。資の種類によっては何か具がないと入手できない場合もあり、その具もまた集めた資をもとにクラフトする。たとえば木材が必要ならを作る必要があり、採掘するにはピッケルがいる。

アベラには気、四季の変化があるほか、地域によって気も異なる。特に気の違いはプレイヤーの拠点作りに影するだろう。たとえば北部は木々の生長がく、南部は日照時間が多く作物がよく育つ。プレイスタイルに合わせて場所を選ぶことが肝要ということだ。なお、農園を作ったり建物を建てたりする場合には、レベルを上げてそれぞれのスキルアンロックしておく必要がある。具やスキルうと、建物を建てるための整地や地下を掘るなど、物理法則が許す限りの自由度で地形を変化させることもできるようになる。

MMOである本作では、ほかのプレイヤーギルド(同盟)を組んでコミュニティを形成することも重要な要素として挙げられる。単純に人手が増えれば、協することで暮らしが安定するということもあるが、より大きな町、ひいては要塞やを築くことも可になる。なおギルドの規模が10人以上になった場合、リーダープレイヤーはモニュメントを建ててギルドの管理ができる。モニュメントを建てることは、その一帯が自分たちの土地であるとする意味も持つ。ギルドを拡大させて王を築くもよし、少人数で慎ましく暮らすもよし、すべてプレイヤー自由である。

ほかのプレイヤーギルドとは交易などを通じて交流することも可だが、時には敵対することもあるだろう。プレイヤーはコンバットスキルを成長させる中で、プレイスタイルに合わせて中世らしい騎兵兵など特定クラスを選択可だ。バトルではギルドリーダー形の号令を発することができ、それに従って戦うことでダメージボーナスを得られる。なお武器やアーマーはクラフト製作するが、クラフト中にはブループリントがドロップする場合があり、それを使うことでより上位の武器などを製作できる。

この『Life is Feudal: MMO』は、中世ヨーロッパで暮らすというコンセプトのもと、自由度の高さやハードサババルなどを擁す意欲的な作品だといえる。ただ、発売直後ではあるがSteamでのレビューでは賛否両論となっている。不満点を見てみるとサーバーが貧弱であるとか、狩りをしようにも動物があまりいないとか、あるいは成長が遅いうえ死んだ場合に失うスキルポイントが多く、課金を促しているなどといったものもある。また、発売直後は基本プレイ無料だったが、のちに撤回されたことによる混乱もあるようだ。現在はまだ早期アクセスでのオープンベータテスト段階であるため、プレイヤーのフィードバックを元に善が進められていくことに期待したい。