昨年末のテレビ番組では「第68NHK紅白歌合戦」が史上ワースト3位の視聴率に沈んだことで大きな話題となった。だが実際には、大みそかの視聴率対決で大敗を喫していたのはTBSだったという。

 そのTBS18時から放送した「KYOKUGEN」では、ボクシングの3大世界戦やボブ・サップvs野獣クマ一騎打ち、そして浅田真央スペシャルアイスショーを投入。しかし視聴率は5.9と撃沈した。

「なかでも期待されていたのが昨年4月に競技引退を表明した浅田スペシャルプログラムでした。・舞への感謝を込めて演技を披露したのですが、央はこの日のために振り付けも衣装も自ら手掛けるというの入れよう。Kiroroの生歌『未来へ』に乗せた滑りは感動的でした。しかしフタを開けてみれば、数字が伴いませんでした」(テレビ局関係者)

 民的なスポーツ選手として出場試合の中継では高視聴率を連発していた浅田。だが引退後に組まれたテレビ朝日フジテレビの特番の視聴率は、期待されたほどではなかったという。ただ、そんな評に前出のテレビ局関係者は異を唱える。

浅田アイスショーが放送されたのは、紅白歌合戦安室奈美恵が歌う直前だったのです。多くの視聴者は安室の出番前からチャンネルNHKに合わせていたはずで、間最高視聴率48.4の安室に対抗するのはあまりに分が悪すぎました。むしろTBS浅田の出番をもっと前にすべきだった。フィギュアスケート子供にも人気がありますし、ボブ・サップ対決と順番を入れ替えたほうが良かったのではないでしょうか」

 タイミングよくチャンネルを替えて“はしご”できた視聴者からは「央ちゃんから安室ちゃんへの流れは!」と絶賛のもあがっていた。視聴率の面から見れば、TBSは番組編成に失敗したのかもしれない。

山信一)

アサジョ