川崎のバンディエラが11人をセレクト リベロには「リスペクト」する中澤を配置

 J1川崎フロンターレ元日本代表MF中村憲剛が、昨年のJリーグにおけるベストイレブンを選出。Jリーグ公式YouTubeチャンネルでその様子を開した。2016年に36歳で最年長MVPき、昨季プロ15年にして悲願のリーグ初優勝を果たした“川崎のバンディエラ”は、どんな11人を選んだのだろうか。

 3-4-3のフォーメーションをチョイスした中村は、まずGK柏レイソル日本代表GK中村を選んだ。昨季の対戦は本拠地で2-1、敵地で2-2と1勝1分だったものの、「対戦した時に、1本これは行ったなっていうシュート全に止められた。そういう感覚はJリーグですごく久々だったので、良いGKが現れたなと」と、反射神経を生かした鋭いセービングを称えた。

 3バックは、中央に「あの歳でフルタイム出場している時点でもうリスペクトです」と紹介した横浜F・マリノスのDF中澤佑二を選出。ストッパーには「非常にクレバーで技術もある」(中村)と評したDF西大、「ディフェンスリーダーとして非常に良い働き」のDF昌子源という鹿島アントラーズの二人を配置した。

 中盤はセレッソ大阪MFソウザ、鹿島MFレオシルバの助っ人コンビを守備的ポジションセレクト。強なミドルを含め、攻守両面で二冠を達成したチームを支えたソウザを「対戦していてすごく厄介でした」と称え、レオシルバについては「一人で三役くらいやってしまう。彼とやる時はマッチアップを楽しみにしている」と理由を説明した。

 

中盤には“やっぱり”魅惑のレフティーを選出

 残りの二人には、FW伊東純也ジュビロ磐田MF中村俊輔を選んだ。昨年12月のE-1選手権で日本代表デビューを果たした24歳のスピードスターに関しては、「足が速いですね。彼一人で戦術が成立してしまう」と表現。自身の2学年上にあたる魅惑のレフティーのことは、「やっぱり嫌だな、いやらしいなという選手。ボールを持ってもそうだし、持っていなくても仕事ができる数少ない選手」と称賛した。

 そして3トップには、昨季シーズン途中加入ながら10得点をマークした北海道コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイAFCチャンピオンズリーグを制した浦和レッズから20ゴールのFW興梠慎三、からFWクリスティアーノを並べた。特に、昨季リーグ5位タイの12得点を挙げたクリスティアーノに対しては、「あのパワーは反則だと思います。テクニックもあるので、隙を見せるととんでもないシュートが飛んでくる」と脱帽していた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

 

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、中村憲剛が選ぶ最高の11人「マイベストチーム」

Jリーグ公式YouTubeチャンネル開、中村憲剛が選ぶ最高の11人「マイベストチーム

 

 

 

フットボールゾーンウェブ