1月12日(金)から公開中の映画『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』から、WEB予告編2種が解禁された。

『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』は、中国の特殊部隊“戦狼”の元隊員が、祖国から遠く離れたアフリカの某国で、テロリストたちと壮絶な死闘を繰り広げるミリタリーアクション2017年7月28日に本国中国で封切られ、わずか7日でチャウ・シンチー監督の『人魚姫』を越えてアジアの歴代興行収入を塗り替えた作品。同年8月18日には『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』の中国市場の観客動員数は1億4,000万人に達し、映画史上における“単一市場の観客動員数”の新記録を打ち立てた。その後もヒットを続け、『スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐』などを抑えて全世界歴代興行収入54位、約1,000億円を記録。『千と千尋の神隠し』の3倍にあたる数字を上げるに至っている。


解禁された予告は、同作のウリでもあるアクションに焦点をあてたもの。監督・主演のウー・ジン(『ドラゴン×マッハ!』)演じるレンが肉体ひとつで戦車に挑む姿や、「暴力では何も解決しない。でも楽しい」と言い放つ極悪傭兵(フランク・グリロ)との一進一退のナイフバトルなど、手に汗握るシーンが満載。また、ロケット砲飛び交う市街地での銃撃戦や、戦車同士の戦いなど、洋画大作アクション顔負けのド派手な映像が多数収められている。

(c) Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved.

(c) Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved.

(c) Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved.

(c) Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved.

同作はコンサルタントに『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のルッソ兄弟を迎え、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『スーサイド・スクワッド』のサム・ハーグレーヴがカーアクションや戦車戦などを担当。さらに、『ドラゴン×マッハ!』のアクション・コーディネーターウォン・ワイ・レオンが、アクション監督としてフィジカルアクションを手掛けるなど、ハリウッドと中華圏の人材を集結させて製作されている。

映画『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』は公開中。

作品情報

映画『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』


(中国/123分/シネマスコープ/5.1ch
出演:ウー・ジン「ドラゴン×マッハ!」
フランク・グリロ「パージ大統領令」 セリーナ・ジェイドバトルヒート」 ウー・ガン「楊貴妃 Lady Of The Dynastyチャン・ハン「お昼12時シンデレラ」 ユー・ナン「エクスペンダブルズ2
 
監督・脚本・製作総指揮:ウー・ジン「ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊
脚本:クン・ドン「ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊」 
撮影:ピーター・ニョール「太極(TAICHI)-ゼロ-」 
アクション監督:サム・ハーグレーヴ「スーサイド・スクワッド」/ウォン・ワイ・レオン「新少林寺/SHAOLIN」 編集:チュン・カーファイ「イップ・マン 継承」
原題:戦狼2/Wolf Warrior II