【松井大輔インタビュー|Part 1】元日本代表のテクニシャンが語る、乾の“技術論”

 類は友を呼ぶならぬ、テクニシャンテクニシャンを認める――。そんな“サッカー”を作りたくなるくらいの逸話を明かしてくれたのは、元日本代表MF松井大輔だ。

 現在ポーランドのオードラ・オポーレでプレーする36歳の持ち味と言えば、トリッキーテクニックとドリブルだ。そんな松井にとってかねてより気になる存在なのが、リーガ・エスパニョーラエイバルきを放つMF乾貴士なのだという。日本サッカー史に残るテクニシャンに、現日本代表の“スキルマスター”についてってもらった。

 今回インタビューに応じてくれた松井に種々雑多な質問を投げかけたが、最も興味深いテーマとなったのは「サッカーファンに今、日本で最も見てほしいと思うドリブラーですか?」という質問だ。松井は間入れず、このように切り出してくれた。

かな、やっぱりそうでしょう! スペインでやっている自信が一番大きいと思います」

 2017年は鮮インパクトを残した。エイバル在籍2シーズン2016-17シーズン最終節で、バルセロナ相手に鮮やかな2ゴール叩き込み、敵地カンプ・ノウを凍りつかせた。迎えた今シーズンも2列サイドレギュラーの座を渡さず、第17ジローナ戦での2ゴールなどUEFAヨーロッパリーグ圏内のチーム存在感を放っている。

 またバヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表でも左サイドのアタッカー原口元気ヘルタ)と争い、ロシアの地での活躍を期待されている一人だ。

 

「プレーを見てあの感覚は本当にいいな、と」

 インタビュー中、の話題が挙がった際に関係者が「ホントに昔から“推し”だよね」と口にするほど、松井プレーぶりに注していたという。そのきっかけはいつだったのか。

「一回、代表で一緒にやったんですよ。確かザックアルベルト・ザッケローニ監督)の時かな。当時ちょっと喋ったのは覚えているし、プレーにして、とにかくめっちゃ速いなという印が強かったんです」

 当時感じた“めっちゃ速い”という印――。と言えば、リズミカルなドリブル突破が最大のストロンポイントだ。その素さはもちろんだが、松井はもう一つ違うポイントにも“速さ”を感じていたのだという。

「当時のトレーニングなどで感じたのは、単純な走りだけじゃなくて、パスを出した後に抜け出していく、その動きがものすごく速いっていうイメージだった。これは想像なんですけど、きっとセレッソにいた頃に、パス&ゴーを(香川とかとやっていたからこそだと思うんだよね。あの感覚は本当にいいな、と」

 08年から10年にかけて、Jリーグで鮮な印を残したのはセレッソ大阪麗なアタックだった。若手育成に定評があるレヴィー・クルピ監督ガンバ大阪監督)の下で攻撃の中心を担っていたのは、松井も触れた通り、香川真司ドルトムント)のコンビネーションだったのは記憶に新しいだろう。彼らがC大阪時代に築き上げた土台が、現在プレースタイルに生きていると見ている。

 

もし今、一緒にプレーしたら…

 ちなみに、こんなことも聞いてみた。「選手と松井選手がチームメイトとしてプレーしたら、こんなコンビネーションができるというイメージはありますか?」と。

「(パスを受ける)になることはできますけどね。ボールを当ててもらって、トントーンとボールを出して。“おう、行ってこい!”みたいな。年取った発言かな(笑)

 もちろん、この表現はユーモアを交えたものだろう。松井のキャリアで強いインパクトを残したのは8年前、2010年南アフリカワールドカップW杯)だ。松井サイドアタッカーとして守備の役割をこなしつつ、チャンスメーカーとしても機本田圭佑パチューカ)の決勝ゴールアシストした、グループリーグ初戦カメルーン戦(1-0)での獅子奮の働きぶりを思い出せば明らかだ。

 その時を知るからこそ、ボールを奪ってからの攻撃が生命線となる現代表について「一人でボールを持ってキープできたり、時間を作れる選手が必要になってくると思います」ともポイントを挙げている。半年後に迫るロシアW杯、攻撃のキーマンとしてが躍動するのか。松井も注するテクニシャンから、を離してはならない。

【了】

茂野聡士文 text by Satoshi Shigeno

荒川史、ゲッティイメージ写真 photo by Yuji Arakawa , Getty Images

 

フットボールゾーンウェブ