ブンデスリーガ第18節が1月13日に行われ、マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀ハノーファー戦に先発出場した。

 武藤チャンスが訪れたのは27分だった。左サイドからのクロスに反応すると、ワントラップして左足を振り抜き、相手の股を抜けたシュートゴール右に突き刺す。

 チームの先制点を奪った武藤は、今シーズン4点を記録。第7節のヴォルフスブルク戦以来のゴールである。

チームの先制点を奪った武藤嘉紀(画像は昨年11月のケルン戦のもの) [写真]=Bongarts/Getty Images