試合を決めたのは、またしてもDF板倉滉(ベガルタ仙台)だった。U-21日本代表は13日にAFC U-23選手権・グループリーグ第2節のタイ戦に臨み、1-0で勝利。板倉ゴールで連勝した日本は、決勝トーナメント進出を決めた。

 日本は堅い守備を敷くタイを相手に崩しきれない時間が続いたが、試合終了間際に均衡を破る。MF井上潮音東京ヴェルディ)のクロスをFW田川介(サガン鳥栖)が頭で折り返し、そのボールを詰めていた板倉が右足で蹴り込んだ。

セットプレーからの流れで、前に残っていたんです。ファサイドボールが行ったので、その折り返しを狙おうとポジションを取っていたら、介がすごくいいところに落としてくれたので、詰めるだけでした」

 2試合連続ゴールは「小学生以来」と笑う。「なかなか2試合連続で取ることはないですし、今年は幸先いいですね」とを緩めながら、グループリーグ突破に安堵した。

 初戦に続き失点に抑え、DFとしての仕事もこなした。「GKやDFラインだけではなくて、前の選手も守備をやってくれる。チーム標である失点に抑えることができ、最後はしっかると点を取って勝てたので良かったです」。

 一方で、「もっと点差をつけて勝たないといけない相手だった」と反も忘れない。「最後のところはクオリティを上げないといけない。個人的にも最後に点は取れたけど、90分間安定したプレーができていなかった。反点は多い」。2戦連発のヒーローは一喜一憂することなく、「優勝しかしていない。毎試合出る課題をしながら、クオリティを上げて、みんなでやろうとしているサッカーをやっていきたい」と大会連覇に向けて内容の善を図る。