石原さとみ演を務める今クールの連続テレビドラマアンナチュラル』(TBS系)の第1話が12日、放送された。

 ある日、法医解剖医・三澄ミコト石原)が勤務する不自然死究明研究所(UDIラボ)を、息子死因に疑問を持った初老の夫婦が訪れ、遺体解剖を依頼する。三澄は臨床検技師・東海林夕子(市川実日子)、記録員・久部六郎窪田正孝)ら共に解剖と調を進めるうちに、亡くなった男性の同僚で劇薬物製品の開発者である人・馬場路子(山口紗弥加)が、男性とその取引先会社の社員で浮気相手とされる女性を恨んで“連続殺”したのではないかと疑うが、死因と推察される2人が食べたクッキーから物は検出されない。

 しかし、三澄と久部のり強い調によって、そのクッキー男性出張先のサウジアラビアお土産として買ってきたものであり、さらに2人の死亡直前の状況、そして解剖結果などからMERS中東呼吸器症候群コロナウイルスが原因であることを突き止めた。MERSは強な感染症であるため、男性の勤務先をはじめ帰後に接触した人々に隔離などの処置が行われるなどして社会問題に発展。さらに男性ウイルス感染が疑われる症状があったにもかかわらず普段通りの生活を送っていたことから、接触した取引先会社の女性死亡し、勤務先をはじめ広くウイルス拡散させた疑いが持たれ、遺族は大バッシングを受ける。

 ところが、男性人・馬場との会話から三澄は、実は男性出張先ではなく、帰して3日後に検診を受けた大学病院で“院内感染”した疑いを持ち、UDIラボの同僚で優秀な法医解剖医・中堂系(井新)が掴んだ拠資料のおかげで、その大学病院の研究室から漏れたMERSコロナウイルスによって直近数カで同病院の多くの入院患者が死亡していたことを突き止める。三澄の強い説得により、ついに同病院の院長は会見を開き、院内感染の事実を認め、男性死因もそれが原因であったと釈明し、遺族の名誉は回復された。

かなり完成度の高いドラマ

 以上が第1話のあらすじであるが、結論からいうと、“面さ”という点ではここ数年の連ドラのなかで群を抜くほどの作品に仕上がっている。たとえば、前半では馬場犯人だと視聴者に思わせておきながら、実はただの個人的な恨みによる殺人ではなく伝染病であることが明かされ、一気に社会問題として日本中を驚かせる事件に発展し、男性が“加者”とされバッシングを受けるという展開には見ていて素直に驚いた。

 さらにそれでは終わらず、実は男性は検診に行った大学病院ウイルスに感染した“被害者”であり、大学病院による“院内感染隠蔽”という問題に発展し、男性と遺族の名誉が回復されるというストーリーによって、視聴者は2度の驚きを味わう。いい意味での裏切りが満載で、駄なシーン皆無、かなり完成度の高いドラマだ。

 こうした縦軸の物語に加え、三澄や久部をはじめとする、さまざまな過去や事情を抱える登場人物たちの人間模様が織り交ぜられている点も、ドラマをいっそう重層的に仕上げる要因となっている。

 たとえば三澄は、冒頭で交際相手から結婚プロポーズをされるのだが、嬉しい半面で本当にその相手と結婚してよいのか、心の片隅で迷いがある。そして終盤では急な解剖仕事が入り、交際相手の両親との顔合わせに遅刻したことで、交際相手から結婚に難色を示されるのだが、三澄が調していたMERSで亡くなった男性とその交際相手・馬場物語とうまく共鳴しており、三澄の葛がより深く描かれる結果となっている。

 そんな三澄、そして久部には他人には言えない過去があることが第1話では匂わされており、今後、2人を含む登場人物たちの人間ドラマにも期待が高まる。

 このほかにも、特に石原さとみ市川実日子の掛け合いも見所で、なにより2人の“絵的”な美しさはいうまでもない。女性の私でもずっと見ていたい気になってしまうのだから、多くの男性視聴者は釘付けになっているに違いない。

 脚本は一昨年の大ヒットドラマ逃げるは恥だが役に立つ』(同)の野木亜紀子氏、プロデューサーは『リバース』『夜行観覧車』などの話題作を手掛けてきた新井順子氏。これで面くないはずはない。『アンナチュラル』、“見ないと損をするドラマ”だと断言したい。
(文=米倉子/ライター

石原さとみ