オルタナティブ・ニュースサイトの「Oddity Central」(12月15日付)によると、テキサス州ダラスに住むケイレーン・ボーウェン-ライト被告(34歳)は健康体の我が子に対し、323回もの通院と13回の医学的にまったく無意味な手術を受けさせていたという――。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/01/post_15620_entry.html


■息子に必要のない手術を13回受けさせた鬼畜母

 悲劇の始まりは、2009年に息子クリストファー君が未熟児として生まれてきた直後からだった。母親のケイレーンは病院のスタッフに対し「この子は牛乳アレルギー」と主張しだしたというのだ。

 もちろん彼女の虚言だが、それがうまくいくとわかると次から次へ架空の症状を繰り出していったという。主治医に手術の必要性を訴え、クリストファー君はどこも悪くないにもかかわらず大きな手術を13回も受けるはめに。

 その結果、血液感染による深刻な合併症を引き起こしたこともあった。また、クリストファー君が5歳になるころには「延命処置不要」と誓約書にサインし、彼をスキンヘッドにしてガンの末期患者に仕立て上げ、クラウドファンディングで手術費を募るまでになっていたというから、まさに鬼畜の所業だ。

 だが、悪事は必ずバレるものだ。2015年、テキサス州ヒューストンにあるテキサス小児病院の内科医が、ケイレーンの説明と検査結果に食い違いがあり、また、重病人とされるクリストファー君自身の健康的な見た目に不信感をいだき、事件が発覚した。ケイレーンは現在、児童虐待の罪で服役となったが、おそらく、保釈金の約1700万円(15万ドル)は彼女には支払えないだろう。


■身内を毒牙にかける「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは

 クリストファー君の父親であるライアンクロフォードさんは、離婚した元妻の想像を絶する蛮行に激しく憤る。

「裁判所で息子の親権を争っていた時、彼女は毎回、息子が死にかけているかのようなことを申し立てていたんです。一生歩けなくなったとか、食事が喉を通らなくなったから栄養チューブにつながれてるとか。調停を重ねるごとに、クリスが明日死んでもおかしくない状況にまで話を盛っていました。調停委員は彼女の言うことを信じ、私を『自分の息子に対して冷たい』と叱責したくらいです」(ライアンさん)

 世の中には保険金目当てで自分もしくは家族を傷つける輩が、ごく稀だが存在する。しかし、今回の事件は金目当てではない。ケイレーンのような我が子に傷害行為をする毒親のことを「代理ミュンヒハウゼン症候群」というらしい。

 決して傷つけることが目的ではなく、その子を看護する“けなげな自分”を演じて自己満足を得たいのだという。自尊心の無さ、ストレス、不安感、または注目、同情されたい、「人生にエキサイティングなドラマがほしい」といった、かなり身勝手な理由により起こる精神疾患の一つだという。

 彼女自身が医者に見てもらうべきだったわけだが、実の母親がモンスターすぎて、生まれながらに人権侵害され続けたクリストファー君が不憫でならない。

 8歳になったクリストファー君は、その後の精密検査で健康が確認されている。現在、2人の兄たちと児童養護施設で生活しているが、ライアンさんが引き取りを申請中とのことだ。
(文=佐藤Kay)

イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像:「Thinkstock」より