エッジの効いたスポーツモデルが並ぶルノーブースのトピックは、なんといっても日本未発売の新メガーヌR.S.の展示でしょう。東京モーターショーでも展示されたモデルが、より身近な距離感で展示されています。

詳細画像はこちら

ルノーF1パイロットニコ・ヒュルケンベルグをアンバサダーに迎え開発、ニュルFF最速を誇った先代は2リッターターボでしたが、新では1.8リッターターボへとダウンサイジング。出はほぼ変わらないようです。

遅れて追加されるスパルタングレード、トロフィーでは間違いなくニュルアタックをするでしょうから、いまからそのラップが楽しみです。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

2017年100台限定で追加するも殺で売したのが、トゥインゴのターボ版「GT」です。その人気ぶりが後押したかたちとなって、いつでも買えるカタログモデルになって再登場。

こちらもメガーヌR.S.と同様、ルノー・スポールの手がけたモデル。RR駆動で1010kgの重にターボMTですから乗って楽しくないわけはなく、販売予定価格は5MT224万円、5EDC234万円とリーズナブル。こんなクルマが売れてるのを見ると日本クルマ好きも成熟したんだなぁとあらためて感じます。

詳細画像はこちら

小粒でもしっかりルノースポーツDNAを継承されているルーシアR.S.も展示。カスタマイズ感は薄味かもしれませんが、それがホットフレンチの魅でもあります。他ブーストはまた違った存在感アピールしていました。

Kaizee)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【東京オートサロン2018】日本発売前のメガーヌR.S.を早出し! 上品ホットフレンチが並ぶルノー(http://clicccar.com/2018/01/14/550122/)