2月に開催される「ロンドンファッションウィーク」の新作展示会場に、今初め、デイヴィッド・ベッカム息子ロメオが登場。子のファッションに注が集まったと報じられている。

【写真を見る】大人びてきたロメオ、父とコラボしたブランドのスタジャンで登場

妻のヴィクトリア同様、ファッションビジネスに強い関心を抱いているデヴィッド。近年はイギリスの老舗ブランドケントカーウェン」のデザイナーと手を組み、メンズウェア市場に乗り出しているという。同ブランドでは、デイヴィッドイメージモデルにしたラインも展開中だ。

7日、デイヴィッド15歳の次男・ロメオを伴い、コベントガーデンにある同ブランドフラッグシップストアを訪れた。ロメオだけでなく、デイヴィッドサンドラ、出産したばかりのジョアンと人のクリス、そして2人の間に誕生した生後間もないペギーまでがい、一大家族行事の様相を呈していた。

幼い頃、ロメオデイヴィッド似だったが、最近はかなりヴィクトリア寄りの顔立ちになってきたようだ。この日着用していたスタジアムジャンパーは、もちろん「ケントカーウェン」のもの。袖はブラウンレザー、ボディはダークレッド、胸元に大きくブランド名のロゴが入った印的なデザインだ。下に合わせたのスキニーパンツはかなりだぶつき気味で、ロメオ奢な体つきが強調されていた。

一方のデイヴィッドは、Tシャツスポーツパンツシンプルスタイルスポーツウェアで有名なブランドイメージに合わせてか、パンツサイドラインが入ったジャージだったが、上にネイビーのコートを羽織ってスマートに見せていた。

ロメオは10歳の時にモデルデビュー済みで、ベッカムの3兄弟の中で最もファッションに関心があるといわれている。今後どのような形でファッション業界と関わっていくのか、メディアからの注はまだまだ続きそうだ。(Movie Walker・UK在住/シャオ

イギリスの元サッカー選手、デヴィッド・ベッカム