米国ゴールデングローブ賞に続き、来18日は英国アカデミー賞映画部門の授賞式が行われる。女性運動一色に染まったGG賞の影を受けてか、本年度の英アカデミー賞授賞式では、史上初となる女性会者の登用が話題となっている。

【写真を見る】初の女性司会者に大抜擢されたジョアンナ・ラムレイ

大抜を受けたのは、女優ジョアンナ・ラムレイ。代表作は、BBC1992年から放送されたコメディドラマアブリュートリー・ファビュラス」のパッツィ役だ。同ドラマは11年間に渡ってシリーズ放映され、2016年には出演した映画『ザッツ・ファビュラス!』も開された。

ドラマ役の1人を演じたジョアンナは、現在71歳。昨年度の英アカデミー賞テレビ部門で、特別功労賞を受賞したばかりだ。功労賞受賞時のジョアンナのスピーチ采を受けたことが、今年度映画部門の会に選ばれたきっかけだったという。

昨年度の受賞時、壇上に上がったジョアンナは奮した様子で、「私たち役者は、に乗せてもらい、深夜のぬかるみのを走っています。ライトを当ててもらい、衣装と化粧とスピーチをお立てしてもらい、スタントを使って自分たちをより良く見せたりも。運転してくれる人、着飾らせてくれる人、食事を準備してくれる人もいて…そう、食事はものすごく大事!」と、大げさな身振り手振りで冗談を交えてスピーチした。自分たち役者がほめられることがあれば、それは役者以外の全てのスタッフの功労であると強調し、場内から大きな拍手を受けた。

先日のゴールデングローブ賞の授賞式では、性暴力セクハラへの抗議表明として、全身の衣装を身に着けた出席者がほとんどだった。先日BBC番組に出演したジョアンナは、この件に関して「今年の英アカデミー賞でも、黒一色になるかもしれないわね。だけど私は、皆が着たいものを着て構わないと思っているの。いずれにしても、どんな風になるのか楽しみね」とっている。(Movie Walker・UK在住/シャオ

今年の英国アカデミー賞授賞式の司会は初の女性!