この一番泣ける映画として口コミで話題が広がり、行収入20億円突破するヒットを記録している“ハチハナ”こと『8年越しの 奇跡実話』(開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が14日、東京・有楽町の丸の内ピカデリー2で開催。劇中で、結婚を間近に病に倒れた麻衣役を演じた土屋太鳳と、監督の瀬々敬久が登壇。

【写真を見る】元気一杯!艶やかな緑の晴れ着姿で“太鳳スマイル”

本作は2015年Youtube投稿された、あるカップル実話映画化した感動のラブストーリー。病に倒れ意識不明に陥った麻衣と、彼女の回復を祈りながら待ち続けた新郎の尚志に、8年の歳を経て訪れる“奇跡”を描きだす。

艶やかな緑色振袖姿で登場した土屋は「あけましておめでとうございます」と元気一杯に挨拶。「まさかもう一度ご挨拶ができるなんて想像していなかったので、とてもうれしいです」と笑顔コメントすると、完成披露や初日にも披露してきた定番のフレーズ自己紹介した。

開から1かで様々な反をもらったことを満面の笑みで振り返った土屋は、本作に関わったスタッフや関係者に結婚出産などおめでたいことが続いていることを明らかにし「その幸せあやかって私も将来幸せになれたらいいなと思います」とった。

一方で今日から始まった大相撲の初場所が気になって仕方がないという瀬々監督は「土屋さんの晴れ着姿を見れたので、相撲を見ずに来てよかったです」と会場の笑いを誘う。そんな瀬々は、年末に土屋ブログアップしていた、1人でこっそり映画館に足を運び、本作を観ていたという話題に触れた。

瀬々から「ばれなかったですか?」とねられた土屋は「全然ばれなかったです」と笑顔を見せると「エンドロールで帰らなかったことがうれしかった。終わった後に感想を盗み聞きしたら、うれしい言葉をみなさん言ってくれていた」とコメント。そして「自分の作品は必ず一回はちゃんと劇場に観にいくようにしています」と明かした。

締めの挨拶で瀬々は「この映画は命の映画。実際にあったお話ですので、勇気のある場面が何度もあった。勇気情を持って作品に参加していただいてこういう映画ができました」と土屋感謝の言葉を述べると、大ヒットへ導いてくれた観客に向けても「命について考える機会になっていただければうれしいです。今後も愛し続けてください」と感謝を述べた。

また舞台挨拶の最後には、劇場に集まった500名をえる観客全員に、手渡しで大ヒット記念の大入袋をプレゼントするというサプライズを決行。観客ひとりひとりと作品に込めた情を分かち合った2人は、“ハチハナブームが末長く続いていくことを願った。(Movie Walker・取材・文/久保田

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の大ヒット御礼舞台挨拶に土屋太鳳が登壇!