バルセロナ入りしていた大野の訪問をツイッターで報告「エイバルまで来てくれました」

 エイバルの日本代表MF乾貴士が14日にツイッターを更新。元なでしこジャパンサッカー日本女子代表)FWが自身の元を訪れたことを報告するとともに、「ドリブルを見るのが楽しみでした」「まだまだ現役でやってもらいたいなー」と胸中を綴っている。

 乾は現地時間13日の第19節アトレチコ・マドリード戦にフル出場。試合には0-1で敗れたものの、スペイン紙「マルカ」の選手採点では「イヌイはダイアゴナル(斜め)の動きによって対面の(スペイン代表DF)コケと渡り合った」と、攻撃を活性化させようとした点を評価された。

 アトレチコ戦翌日、乾は自身のツイッターを更新し、「金曜日に元なでしこジャパンの大野さんがエイバルまで来てくれました」と試合前日にFW大野忍の訪問を受けたことを報告。併せて投稿した写真では、クラブハウスの一角と思われるロゴの前で、乾のユニフォームを持った二人が笑顔で映っている。

 2011年ドイツ女子ワールドカップ(W杯)で優勝を飾ったメンバーの一員で、日本女子サッカー界で最多得点記録(1部281試合178得点/2部8試合2得点)も保持する大野。昨年12月なでしこリーグ1部INAC神戸からの退団が発表され、年明けからスペインバルセロナでプロスポーツトレーナーの山田晃広氏らとともに自主トレーニングに励んでいたが、約600キロ離れたエイバルにも羽を伸ばしていたようだ。

 

「まだまだ現役でやってもらいたいなー」

 乾は「昔、代表戦で大野さんのドリブルを見てから、女子にこんな上手い人がいるや。って1人で感動して、そこから大野さんのドリブルを見るのが楽しみでした」と綴り、5学年上にあたる大野のプレーに同じドリブラーとして感銘を受けていたことを明かした。そして、現時点で新シーズンの所属先が発表されていない“先輩”に、「まだまだ現役でやってもらいたいなーって勝手に思ってます」とメッセージを送っている。

 ドリブラー、海外リーグ経験者、日本代表経験者と共通点の多い二人。乾は束の間の再会で大いに刺激を受けたようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

【写真】乾貴士が公式ツイッターで公開、大野忍との“ドリブラー2ショット”

乾貴士が公式ツイッターで公開、大野忍との“ドリブラー2ショット

 

フットボールゾーンウェブ