6月で満了を迎える契約の延長交渉中 海外マーケティング面も含めて大きなメリット

 エイバル日本代表MF乾貴士スペイン挑戦3シーズン目を迎えた今季、レギュラーとしての地位を確立している。現状では今年6月30日で契約満了を迎えるが、契約延長の交渉が進展を見せているという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 同紙は「エイバルの重視している優先事項は、タカシ・イヌイの契約更新だ」として、交渉が進んでいることを示唆。クラブは7選手に対して契約延長の交渉を行うなか、乾の連動性について評価しているという。

 現時点では合意には至っていないが、2年以上の契約延長を申し出ており、それが成立すればクラブにとって陣容面、そして利益面でも大きなメリットを残すと記している。それは日本を中心とした海外でのマーケティング面だ。

 記事ではクラブフロント陣であるパトリシアロドリゲス氏が日本を訪問し、大手企業との関係性を築いていることなどを紹介。結びつきを強めていることにも触れた。つまりクラブの経営方針にとってみても、乾の契約延長は欠かせないものだとしている。

 2017年4月にはクラブ戦略でシーズン中の乾が一時帰国するという出来事もあったが、チームにとって必要な戦力なのは確か。両者が「ウィンウィン」となる新たな契約の発表は近そうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

エイバル乾、2年の契約延長へ 連動性を評価と現地紙報道「重要視している優先事項」