任天堂の人気ゲームどうぶつの森」が、ついに家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」で発売か――。

複数の海外ゲームメディアが、こんな憶測を伝えている。

発売スケジュールを見ると...

2017年11月21日に配信されたスマホアプリ版が記憶に新しい「どうぶつの森シリーズ任天堂を代表するゲームとして、これまで複数タイトルが発売されてきた。

2001年の「どうぶつの森」(NINTENDO64)を皮切りに、ニンテンドーゲームキューブニンテンドーDSWiiニンテンドー3DSと、同社の主要ハード機には無くてはならない存在として、対応ソフトが送り出されてきた。

そうなると、17年3月に発売された最新ハードNintendo Switch」への対応が気になるところ。実際、NTTレゾナントが運営するポータルサイトgooランキング」が「最新作が出るならSwitch買いたいと思うゲームシリーズ」(18年1月15日公開)を調査したところ、「どうぶつの森」が1位に輝いた。

しかし、任天堂が公式サイトで公表しているSwitch対応ソフトの発売スケジュールを見ると、残念ながら名を連ねていない。

18年1月に商標出願

海外のゲームサイトでは18年1月中旬ごろから、Switch版「どうぶつの森」が近日発売されるかもしれない、といった憶測がささやかれている。

「VideoGamer.com」や「A 90s Kid.」「Game Revolution」など複数の報道によると、任天堂の日本法人が1月16日に「Animal Crossing」(「どうぶつの森」の英語表記)の商標出願をしており、商品区分を見ると「テレビゲーム機」「携帯用液晶画面ゲームおもちゃ」などと記載されているというのだ。この区分はSwitchに該当する。

J-CASTトレンド編集部でも、1月24日、特許庁の特許情報提供サービス「特許情報プラットフォーム」で確認すると、確かに出願されていた。さらに、日本語表記(どうぶつの森)も17年10月に出願されている。

17年11月に発売されたスマホタイトルどうぶつの森 ポケットキャンプ」の商標出願が発売1か月前の10月(英語表記は7月)ということを考えると、報道の信ぴょう性は決して低くなさそうだ。

J-CASTトレンド編集部が1月24日任天堂の広報担当者に(1)出願の意図はなにか(2)Switch版「どうぶつの森」の発売予定はあるのか――の2点を聞くと、

「何も申し上げることはございません」

との回答だった。<J-CASTトレンド>

ニンテンドー3DSソフト「とびだせ どうぶつの森」(公式サイトより)