【続報】
激怒 / コインチェック社長が鬼畜すぎる発言で炎上「安全なオフィスの中から外の困ってる人を見るカイジみたいな遊びをしてる」

仮想通貨取引サービスコインチェック(Coincheck)にハッカー不正アクセスし、約580億円もの仮想通貨を出された騒動で、利用者にとって悲しい現実が判明した。

・逃げられない状況
2018年1月27日現在、約580億円の仮想通貨を不正出され、コインチェックは利用者の一部入、出、売買を停止しており、現として引き出せないことから「倒産前するかもしれないから逃げたいけどお金を握られているから逃げられない状況」となっている。

・検討した結果「最悪のパターン」に
さらに、2018年1月26日に開催したコインチェック社長らの記者会見があまりにも中身がないもので、ほとんどの質問に「検討中です」で返答。

それはつまり、最良のパターンもあれば最悪のパターンにもなりえるということ。状況的に560億円が盗まれているわけで、検討した結果「最悪のパターン」を選択する可性のほうが高いと感じられる。そう、倒産、破産、サービス終了である。

・利用者は泣き寝入りするしかない
コインチェックの利用規約には、「登録ユーザーが被った損の賠償責任をいっさい負わない」という内容の一文が17条5項にハッキリと書かれている。たとえコインチェックミスサービスが停止したり削除されり、データ消失したり盗難に遭っても、利用者は泣き寝入りするしかないのである。

・利用者ができることは何もない
コインチェックに限らず、このような仮想通貨取引サービス融商品ではよくある規約なのだが、今回のように560億円という大な仮想通貨が盗まれ、倒産危機にあったとしても、利用者はただポカーンと黙って様子を見ていることしかできない。あとは企業の良心を信じてお金を戻してくれることを願うしかない。

・返すら絶望的と考えるのだ妥当
すでに倒産ムードのコインチェック。突如として会社から560億円(しかも利用者のお金)が消えたのだから、もが「これは倒産だ」と思うのは当然のこと。あとはどれだけ自分のお金を取り戻せるかが重要となってくるが、その返すら絶望的と考えるのだ妥当だろう。

・上客にだけ返はあり得る
実際に仮想通貨取引で生活しているFさん(46歳)は「1円も戻らないと思ったほうがいい。期待すればダメだったとき怒りも膨らむから」とる。コインチェックに良心があれば、全額ではなく一部の返、または上客にだけ返はあり得るかもしれないが、今後もコインチェックの動きを逐一お伝えしていきたいと思う。

コインチェック本社前には「金返せー!!」と怒鳴る人まで現れているが、その社長の心に届くのだろうか。CMに出演した出川哲郎まで注目を浴びている現状を考えると、この炎上はまだまだ続きそうだ。

【続報】
大炎上 / コインチェック社長の裏の顔が極悪すぎて返金は絶望的「人が倒れてたけどホームレスのおばさんで心配して損した」


もっと詳しく読む: コインチェックからの返金は絶望的 / お金を預けている人は「1円も戻らないと思ったほうがいい」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/27/coincheck-desperate-situation/