チェルシーは28日、FAカップの4回戦でニューカッスルと対戦する。この試合がすでに今月8試合目となり、中2、3日が続く中でアントニオ・コンテ監督がコメントを残した。27日に公式HPで伝えている。

 1月ではプレミアリーグはもちろん、カラバオカップリーグ杯)やFA杯も重なり1カ月だけで9試合をこなすチェルシー。第24節のブライトン戦には4-0と大勝しFA杯の3回戦ではノリッジにPK戦で辛くも勝利するものの、その他の試合では勝利することができず。リーグ杯とFA杯でそれぞれ引き分けがあり、再試合となったため毎試合中2、3日で挑むこととなっている。

 こういった状況においてチェルシーのコンテ監督は、「毎日集中し、毎日全てを出しきらなければいらない。これを続けていかなければならないんだ」とコメント。さらに「非常に難しい状況に直面することもあると知っておく必要さ。もしそれをすでに叩き込んでいるのであれば、戦う準備はできているはずだからね」と語り、厳しい日程でも準備を怠らず、次に生かしていくことを話した。

 さらに、この厳しい日程の中でも同監督は「この仕事に情熱と愛を持って一緒に生きているよ。だからこそ時には寝られない事もある。特に難しい状況に直面している時、チーム、選手、ファン、そしてクラブのためにベストを尽くしたいね」と話し、監督という仕事を全うする意思を示した。

 また自宅での作業については「寝られない時はパソコンで仕事をしているよ。妻には迷惑をかけたくないからね。別室のリビングで、試合を見て、別の解決策を模索するんだ」と語り家族にはなるべく迷惑をかけずに仕事をこなしているようだ。

1カ月に9試合を戦うコンテ監督 [写真]=Getty Images