アラベス戦の後半39分、ゴール右隅に突き刺す決勝弾で開幕21戦無敗に貢献

 バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節アラベス戦の後半39分に芸術的な決勝FKを叩き込み、チームを2-1の勝利に導いた。勝負を決めた一撃は、バルセロナメッシにとって二つの金字塔を打ち立てる記念すべきものだったという。クラブ公式ツイッターが伝えている。

 1-1で迎えた後半39分。右サイドからボールを持ち込んだスペイン代表MFセルジ・ロベルトウルグアイ代表FWルイス・スアレスに縦パスを入れ、攻撃のスイッチが入る。L・スアレスはこれをヒールパスでスペイン代表FWパコ・アルカセルへ。ワンタッチで捌かれたパスを受けたメッシは、ボールを持ち出したところで背後からファウルを受けた。

 ゴール正面やや右、約20メートルの位置で直接FKを手にしたバルサキッカーを務めたメッシが左足を一閃すると、ボールジャンプした壁の上を越え、ゴール右隅に突き刺さった。

 本拠地カンプ・ノウの夜空に右腕を突き上げて喜びを爆発させたメッシ。絶対的エース芸術的な決勝弾でバルサは勝利2-1と勝利を飾った。開幕からの無敗記録を21試合連続に伸ばしたが、クラブ公式ツイッターによれば、これは2009-10シーズンペップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ監督)時代に並ぶクラブ記録だという。

リーガで前人未到の10年連続20ゴールを達成

 さらに、バルサ公式ツイッターは「レオ・メッシはこれで10シーズン連続で20ゴール以上を記録」と投稿し、ヤギの絵文字を添えた。ヤギ(GOAT)は史上最高を意味する「Greatest of all time」の略語で、英語のインターネットスラングとしても定着している。メッシは昨季、リーガで前人未到の「9年連続20ゴール以上」を達成したが、これで今季のゴール数も20に乗せ、史上初の10年連続20ゴールに到達。ツイッターの返信欄もゴラッソで決めた金字塔に世界中から称賛の声が集まった。

「史上最高」
美しい
メッシは神のようだ」
「これはワオとしか言えない」
「史上最高」
レジェンドだ」
「私のキング

 データ解析会社「オプタ」によると、メッシリーグ戦で決めた直接FKは通算21得点目。レアル・マドリードポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの20本を抜いたとレポートされている。

 鮮やかな一撃は、メッシバルセロナの歴史に深く刻まれるメモリアル弾となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

メッシ、歴史に名を刻む金字塔 芸術的“神FK”に称賛の嵐「私のキング」「史上最高」