日本が生んだ“芸術”ナカムラが伝統のバトルロイヤル日本人初制覇

 世界最大のプロレス団体WWEに参戦中の中邑真輔28日(日本時間29日)に行われた、伝統のバトルロイヤルロイヤルランブル」に初出場。いきなり優勝を飾った。日本人初のロイヤルランブル制覇が各メディアでも大きな話題。またWWE公式ツイッターも「2018年男子ロイヤルランブルの勝者がここにあり…シンスケ・ナカムラ!!」と画像で中の勝利の雄たけびを紹介するなど、一気にムーブメントを巻き起こしそうだ。

 まず「シンスケ・ナカムラWWE男子ロイヤルランブルを制覇」の見出しで大きく報じたのは英メトロ」。記事中で「日本スターシンスケ・ナカムラローマン・レインズを排除し、2018年男子ロイヤルランブルを制した!」と奮気味に伝え、「ナカムラWWEで最も人気のあるレスラーの1人だ」と紹介した。

 英デイリー・エクスプレス」も「14番に出場した日本芸術は、ローマン・レインズを撃破し、“オーバー・ザ・トップ・ロープ”のバトルロイヤルを勝ち抜いた初の日本人レスラーとなった」と快挙をたたえた。

レニーヤングがナカムラインタビューし、レッスルマニアと対戦したいか尋ねた。返ってきた答えはAJスタイルズ。夢の対決が実現しそうだ」と記事にしたのは、ロサンゼルスタイムズ」。中村WWE王者・AJスタイルズのベルトをターゲットにしたことを、伝えている。

 これで中WWE王座挑戦権を手にした。WWEの最大の祭典「レッスルマニア34」(4月8日ニューオーリンズ)メーンで王者AJスタイルズに挑戦する。

 37歳の中新日本プロレス人気レスラーとして活躍。2016年1月WWE挑戦を表明し、渡世界最高峰のプロレス団体でも大人気を博し、頂点へ駆け上がろうとしている。現行のWWEタイトル獲得に成功すれば、日本人では初の快挙となる。今後の展開からが離せない。(THE ANSWER編集部)

中邑真輔の快挙を世界も報道【写真:Getty Images】