メディアインタビューで明かす タイトル目前で完敗した二つの決勝を選出

 ユベントスイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、その長いキャリアの中でやり直したい瞬間についてのインタビューに応じている。

 イタリア国営放送「RAI」による、人物の過去とストーリーを振り返る番組に登場したブッフォンは、「もし過去に戻れるならやり直したい瞬間」として二つのゲームを挙げた。それは、長年所属するユベントスイタリア代表が、タイトルに迫りながら目前で逃した試合だった。

 まず挙げたのは、ユベントスの一員として戦った昨年5月のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、レアル・マドリードに1-4と完敗したゲームだった。そしてもう1試合は、イタリア代表として出場した2012年の欧州選手権(EURO)の決勝、スペイン代表に0-4と敗れたゲームだという。

 ブッフォンは「この2試合を挙げた理由は、キャリアの中でこの2試合だけが自分たちのクオリティーピッチの上で示せなかったものだと思っているからだ。それはユベントスイタリア代表のどちらもだね」と選出した理由を語っている。

 昨季CL決勝のレアル戦は、準決勝までの12試合でわずか1失点という鉄壁のディフェンスがレアルの攻撃を封じ込めることができるかが期待された一戦だった。しかし、カーディフでの一戦でユベントスはまさかの4失点。ブッフォンにとってキャリア初となるCLのタイトルへ向けて最大のチャンスと目されたゲームだったが、準々決勝の2試合でバルセロナを完封した組織力は影を潜めていた。

60年ぶりW杯予選敗退の瞬間は含まれず

 また、12年のEUROではグループリーグ初戦でスペインと対戦し、この時は1-1で引き分けていた。内容的にも互角の戦いを演じた両チームは、決勝に進出して同大会二度目の顔合わせとなったが、この時もまさかの4失点を喫し、0-4と敗れた。試合中に途中出場のMFチアゴ・モッタが負傷してプレー続行不可能になり、退場者を出していないのにもかかわらず10人でのプレーを強いられる不運もあったが、大会中の安定したパフォーマンスからはかけ離れた内容だった。

 昨年11月ワールドカップ欧州予選プレーオフでは、スウェーデンホーム&アウェーで敗れて6月のロシア本大会への出場権を60年ぶりに逃した。主将ブッフォンは試合後に人目をはばからず号泣したが、「自分たちのクオリティーピッチの上に示せなかった」という基準には当てはまらないものだったようだ。

 今季終了後の現役引退が既定路線とされるサッカー史に残る守護神にとって、キャリアで果たせていないCLとEUROでの優勝にあと1勝と近づきながら完敗した2試合は、苦い思い出として心に残っているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

イタリアの名GKブッフォンが抱く悔恨 「やり直したい瞬間」に挙げた2試合とは?