テバス会長が記者団に主張「ネイマールにとってベストの舞台はスペイン

 ブラジル代表FWネイマールが衝撃の移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンPSG)に加入して約半年が経とうとしている。PSGユニフォームも板について来たところだが、リーガ・エスパニョーラのハビエル・テバス会長はネイマールの将来的なリーガ復帰に期待を寄せているようだ。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

 ネイマールは花の都パリで主役の座を謳歌しているかに見えるが、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの確執が噂されるなど、プレー面以外の報道も目立っている。そのなかの一つには古巣バルサへの愛着もあり、スペインでの生活を楽しんでいたというものもある。

 現地時間29日に記者団の質問に答えたテバス会長は、来季から採用予定のVAR(ビデオアシスタント・レフェリー)導入に触れると同時に、ネイマールリーガ復帰にこう期待を寄せている。

ネイマールスペインに戻って来たいのだろう。同じチームである必要はないが、我々にとって、ネイマールにとってベストの舞台は、スペインだと思っている」

レアル加入の可能性が報じられているが…

 少々含みがあるのは、「同じチームである必要はない」という表現だろう。ネイマールほどの市場価値を持つプレーヤーが移籍するためにはバルサもしくはレアル・マドリードのようなビッグクラブでなければ成立しない。同紙はネイマールレアル加入の可能性をかねてから報じているが、贔屓紙としての期待値もあるのかもしれない。

 そのネイマールPSGは、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でレアルと激突する。果たしてネイマールにとってそこはアピールの舞台となるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ネイマールのスペイン復帰を懇願!? リーガ会長が持論「同じチームである必要はない」