中国からハノイに戻る帰国便で選手らの前に女性が現れ騒動に発展…SNSで動画が拡散

 1月に開催されたAFC U-23アジア選手権はウズベキスタンの優勝で幕を閉じた。それとともに強いインパクトを残したのは、決勝の相手となったベトナムの奮闘だった。準優勝を果たしたチームには称賛が集まったが、彼らが搭乗した飛行機の帰国便で思わぬ事態が起き、騒動に発展したようだ。

 地元メディアベトナム・インサイダー」によると、批判を浴びているのは帰国便を運行したLCC格安航空会社)の「ベトジェットエアー」だ。中国からベトナムの首都ハノイに戻る飛行機に乗った選手たちの目の前に現れたのは、妖艶な女性たちだった。

 うら若き女性たちは上半身ビキニで、下半身ホットパンツという姿で、機内とは思えないほど露出度の高い格好だった。なんとも言えない表情を浮かべた選手たちの姿を映した動画や写真がSNS上で拡散されて、各国で話題となっている。

 航空会社はこの事態を受けて、過激な姿は「計画したものではなかった」と謝罪している。しかし、その一方でこの場に来た女性の一人は「私たちは選んだんじゃなくて、この格好を着てと言われた」と真っ向から否定するなど、会社側の女性たちの溝は深まっている。

 今回の騒動は、ベトナムから地球のほぼ裏側にあたるアルゼンチンメディアも大きく報じている。「クラリン」紙も「珍しく、なおかつ挑発的な装いをしてしまったがために、今回のフライトは国家的なスキャンダルになってしまった」と驚きを隠せないようだ。

 同社経営陣にとってみれば準優勝を祝いたいがための一つのアイデアだったのかもしれない。祝福ムードに包まれていたベトナムチームだが、思わぬ形でスキャンダルに巻き込まれてしまったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

U-23選手権準優勝のベトナム、妖艶な女性ら祝福で騒動 海外仰天「国家的スキャンダル」