リーグ杯のレンヌ戦で、自らファウルで倒した相手に手を差し伸べて引っ込める

 パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールが、30日に行われたフランスリーグ杯準決勝レンヌ戦でスポーツマンシップに反する子どもじみた行為に出て批判を集めている。試合はPSGが3-2で勝利している。

 後半アディショナルタイム、自らのファウルピッチに倒れたレンヌのマリ代表DFハマリ・トラオレに、満面の笑みを浮かべながら歩み寄ったネイマール。相手を起こすために右手を差し伸べたが、トラオレがその手をつかもうとした瞬間に手を引っ込めた。

 相手を嘲笑しながらバックステップで離れたネイマールスポーツマンらしからぬ行為に対し、レンヌの選手は激怒し、相手を見下すようなジェスチャーに批判が殺到。スペイン紙「マルカ」も「スポーツマンとしてあるまじきジェスチャー後のネイマール:自分はいかに相手を挑発するのか知っている」との見出しで報じている。

世界屈指の名手として相応しくない行為となったが、ネイマールは試合後に自己弁護しているという。

フットボールは今、少しばかり退屈になっている。何もできない。全てが論争の的になってしまう。例えば、自分は試合の最後に手を差し伸べて引っ込めたけど、あれはジョークだ。論争を呼んでしまうけれど、それでは友だちとどのように接すればいいんだい? 対戦相手になんでしちゃダメなんだ? あれはジョークだ」

相手のファウルに対する報復行為と強調

 相手を激怒させた敬意を欠く行為について、ネイマールは冗談だったと強調したという。そして、試合中のファウルに対する逆襲だったことも明らかにしている。

「彼らは僕をエルボーで止めようとしてきた。自分はフットボールをしていたけどね。彼らは挑発してきたが、自分も挑発の仕方は知っている。自分のやり方で、だ。ボールと自分のフットボールで、だ。相手を蹴りつけたりしない。そんなやり方は分からない」

 ネイマールジョークと言い訳をしつつも、相手のラフプレーに対する報復行為だったとも主張している。昨季まで所属したバルセロナでも、試合中にヒールリフトなどの技を見せて相手を激怒させ、ファウルを受けていたテクニシャンだが、フランスでも同様の行為が物議を醸している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ネイマールの非紳士的なジェスチャーが物議 批判殺到に本人反論「あれはジョークだ」