2分間で“4t挙げ”、ギネス新を叩き出した47歳の看護師さん

 重量挙げでリオ五輪に出場した三宅宏実も、八木かなえもびっくりだろう。

 これがギネス超えのパワーだ。ベンチプレスで信じられないような数字を叩き出したのは、なんとオーストラリアの47歳の看護師さんだった。ギネスワールドレコード公式Youtubeが「オーストラリアパワーリフティング王者がギネス世界記録でその見事な強さを証明した」のタイトルで動画を紹介した。

 主人公マイクキャロルさん。職業はフルタイム看護師さん。Tシャツジャージ姿で、見た目はいたって普通のおじさんだ。

 だが手に滑り止めをつけて、スタンバイすると人が変わった。ものすごいスピードオリンピックバーベルを上げ下げ。バーベルの左右についた重量は20キロずつ。計60キロを一気に挙げまくった。1分57秒間で挙げたのは計4080キログラム。実に4トン以上を挙げてみせたのだ。

 ギネスワールドレコード公式サイトの記事では「マイクキャロルがとてつもない計4080キログラムをリフトし、『2分間のベンチプレスで持ち上げた最も重い重量』のタイトルを手にした」とギネス記録の更新を伝えた。

パワーリフティング王者のマイクさん「破られたら取り返すよ」

 偉業を成し遂げたマイクさんのコメントも紹介されており、「自分は1回ならもっと重い重量を挙げられることが大会でわかっていた。だからこれを達成するために何年も取り組んだんだ」と充実感を漂わせている。

 最初は100キログラムを40度のプランを考えていたというが、「そのプランでは上手くいかないと実感した。そこでもっと軽い重量にして、反復数を増やすことにしたんだ」と狙いがはまったことを明かしている。

 記事によるとマイクさんは2015年カナダバンクーバーで行われたコモンウェルスパワーリフティング選手権で記録更新となる170キログラムを持ち上げ金メダルを獲得しているスーパー看護師さん。

「この記録までには痛みと苦しみに何度も晒される必要があった。またやるかって? ノーだ。でも、もし誰かが自分の記録を破ったら、また取り返そうとするだろうね」と王者の風格を漂わせていた。(THE ANSWER編集部)

ギネス・ワールドレコード公式サイトも取り上げたマイク・キャロルさん(画像はサイトのスクリーンショット)