2月3日の節分に、その年の恵方を向きながら太巻きを食べる「恵方巻き」。今では全国的な風習にもなり、すでにコンビニスーパー百貨店などでは予約を開始している。

今年は、豪華食材やカラフルな食材を使い「インスタ映え」を狙ったもの、食べきりサイズにした少量タイプのものなどがトレンドとなっているようだ。

恵方は毎年変わる。気になる2018年の恵方は、おおよそ南南東の「丙(ひのえ)」。ただ、方角は分かっても、どちらを向いて食べたらよいかわからないもの……。マピオンでは、現在地や指定した場所の地図上で恵方巻きを食べる方角がわかるアプリ「恵方マピオン」を公開している(iOSAndroid・無料)。

アプリ概要
・その年の恵方を地図上に24方位で表示
・自分の向いている方角を矢印で示し、恵方を向くと「恵方を向いています。」と知らせてくれる「恵方アシスト機能」
・近くのコンビニ恵方巻きを買いに行こう!付近のコンビニ表示機能
twitter恵方巻きを食べたことを投稿できる「恵方なうアシスト機能」



■恵方マピオン
(App Store)
(Google Play)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Amazon、RPG「アトリエ」シリーズの20周年を記念し、シリーズ楽曲のストリーミング先行独占配信を開始
ひと足先に体験!音響空間に泊まれる!椿山荘から専用リスニングルームのステイプランが登場!
天空の聖地を体験する「高野山テラス」、東京ガーデンテラス紀尾井町で3日間開催
シリーズ30周年を迎える「ストリートファイターII」と佐賀県がコラボ
めくるめくJAZZサウンドと高速リリックで、遊び心がスウィングするPS4 Lineup Music Video最新作「Playin’ Swingin’」を公開