今年も全国で猛威を振るっているインフルエンザ。患者数は1月21日の段階で推計283万人と過去最多。その勢いは年々増してきている…。

しかし! もうすぐ、人類はこの厄介な感染症から完全解放される? 待望の「万能ワクチン」の完成が間近に迫っているというのだ。しかも開発者は日本人

* * *

実は今、世界のワクチン研究者が注目している別の「万能ワクチン」開発があるらしい。その研究を行なっているのは大阪大学・免疫学フロンティア研究センターの研究チーム。指揮を執るのは免疫細胞学の第一人者、黒﨑知博(ともひろ)教授だ。

チームが万能ワクチンの開発に乗り出したのは今から約4年前。そこから「実用化が近い」と国内外で一目置かれる存在になった。では、黒﨑氏が開発を進めている万能ワクチンとは?

「まず、インフルエンザウイルスは『頭』と『首』のふたつの部位から構成されています。基本的にワクチンは『頭』に結合することで、ウイルスが細胞へ侵入するのをブロックしますが、『頭』はウイルスの種類ごとに形も異なるし、変異を繰り返します。

そのため『今年は○○型が流行するだろう』というWHO(世界保健機関)の予測をもとに各国が頭に結合するワクチンを製造するのですが、当然、予測が外れて大流行することもあれば、鳥インフルエンザなどの新型が出現した場合には発症を抑えることができない。変異するウイルスの『頭』にしか結合できないことが、既存のワクチンの弱点でした」(黒﨑教授、以下同)

だが、大阪大学・微生物病研究所の奥野龍禎(たつさだ)助教が01年に発見した「C179抗体」という体内物質によって、この問題を一気に解決する道筋が開けた。

ここで、ワクチンの原理について簡単に説明しよう。

ウイルスが体内に侵入すると、それを無害化する抗体を作り出す機能を人間はもともと備えている。そこで、病原性を弱めたウイルスを人工的に作り、これをワクチンとして皮下に注射することでウイルスを撃退する抗体を体内に生ませる。

「それまでは、インフルエンザウイルスの『首』に結合する抗体は存在しないとされていました。ところが、C179抗体は『首』に結合することがわかったんです。『首』はウイルスの増殖に関わる部位で、『頭』とは違って変異をほとんどしないし、タイプが違うウイルスでも構造はほぼ同じ。そして、『首』に抗体を結合させ、無毒化さえしてしまえば、ウイルス自体も機能しなくなります。

なので、C179抗体を人間の体内に人為的に作り出すワクチンを作れば、あらゆるタイプインフルエンザの発症を防ぐことができるようになる、というわけです」

◆実用化されるのは何年後? また課題とは? 『週刊プレイボーイ』8号(2月5日発売)「『絶対殲滅ワクチン』がもうすぐ登場!?」にてお読みいただけます。

開発者は日本人──全てのウイルスに効く「万能ワクチン」が完成間近!