小学生時代からパソコン教育を受けたにもかからわず、スマホの普及によりパソコン操作に苦戦する学生が増えているという。そんな現状を1月30日に「神戸新聞」が伝えた。ネットではかねてから摘されていたことだが、めて多くの反が寄せられている。

スマートフォンの普及で、パソコンと疎遠になっている学生が増加。就職活動を前に苦戦を強いられているというのだ。各大学パソコンの課外講座を開くといった、キャリア支援を実施。民間パソコン教室では学割コースを設置しているほか 、企業側も新入社員の研修を導入し対応している。記事によれば、ある男子大学生は、パソコンでのキーボードに苦戦。いわく、「キーの場所も覚えていない」うえに、ローマ字変換は不慣れだとのことらしい。

昨年2月NECパーソナルコンピュータが発表した大学生PCに関する調によると、大学生全体のPC所持率は9割以上に上り、自分専用PCの所持率も7割をえた。にもかかわらず、大学生の約7割が自身のPCスキルに自信がないと回答。新卒の採用担当者も全体の約6割が新入社員のPCスキルの不足を感じており、学生PCスキル不足を裏付ける結果が出ていた。

Twitterには、

“確かにキーボード操作、ショートカットとか苦手?な子多いわ”
“去年入学してきた学生が「フリックばかりやってるのでキーボードは使えない」と言っていたっけね。”

PCスキル不足の若者に関する言が寄せられる一方で、

パソコン操作もそのうち「そろばんの使い方」とか「おせちの作り方」みたいに将来どうでもいい懐古厨だけがグダグダ言う)になるんじゃないの”
“さっさとフリックデバイスを導入すれば済むこと。大騒ぎすることでもないし、ましてや若い子を貶める必要もない。”

と大した問題ではないとするも少なくない。また、

“数年で「フリックやったことないんですが」っていう音声入力ネイティブ世代が出てくるぞ(な話”
“別にキーボードしなくても、音声入力でOKだし、校正もやってくれそうな気がする。そのうち、AIが本文も書いてくれそう。”

未来予想をするもあった。

確かに現状はPCなしでの仕事は困難に等しいが、PC登場以前は、多くの人がこんな時代がくるなんて想像もしていなかっただろう。スマホネイティブ世代が社会で中心的な存在となったとき、PCによるキーボードが健在なのかはわからない。「今どきの若者は…」という一言で片づけられない日もくる?
山中一生)

■画像キャプション
就活卒論の“敵”はPC スマホ世代「ローマ字変換に頭使う」
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201801/0010942002.shtml

若者=デジタルネイティブは本当?大学生の7割以上が、PCスキルに自信なし
http://nec-lavie.jp/common/release/ja/1702/0704.html