実写映画『BLEACH』の追加キャストが発表。あわせて公開日が7月20日になることが明らかになった。

同作は久保帯人による漫画『BLEACH』の実写映画版。霊が見える高校生黒崎一護が突然現れた死神・朽木ルキアから死神の力を与えられ、家族や仲間のために「虚」たちと戦う様を描く。一護役を福士蒼汰が演じることがこれまでに明らかになっていた。

発表されたキャストは、朽木ルキア役を演じる杉咲花。「虚」を斬ることができる死神だが、普段は女子高生の姿で一護と行動を共にするというキャラクターだ。公開されたビジュアルでは死神姿と制服姿のルキアの姿が確認できる。

杉咲花は、「ルキアという逞しく純粋な死神を自分が演じさせていただけるからには、原作を何度も読み返しアニメも観させていただき、自分なりにルキアを調べて役づくりさせていただきました」とコメント。『無限の住人』でも共演した福士蒼汰については、「今回、人間、死神という役柄の中、一護にもルキアにも心がある、ということを台本を読んで感じました。お互いの存在がお互いを生かし合い、強くなっていく一護とルキアの二人が、大好きになりました。福士さんが一護だったからこそ、そう感じることができたのだと思います」と語っている。

佐藤信介監督はルキアについて「こうした異世界感が感じられるキャラクターを演じるというのも非常に難しいと思うのですが、杉咲さんはとても慎重かつ丁寧に、一方で大胆に、この役を演じられました。撮影現場でも、杉咲さんはルキアと表裏一体。表情、立ち振る舞い、話し方など、ルキアにしか見えなかったです」と太鼓判を押している。

朽木ルキア役の杉咲花 『BLEACH』 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会