8月1日持田香織の3枚目のソロアルバム「manu a manu」が発売になった。

全11曲中、9曲を自身で作詞・作曲し、ミト(クラムボン)、大橋トリオ、大谷友介、半野喜弘、中島ノブユキ、おおはた雄一など多彩なプロデューサー陣がアレンジを手掛けた意欲作。残る2曲中、1曲は持田が作詞を、作曲は宇崎竜童が手掛けている。もう1曲はアルバムの1曲目に収録されているインストゥルメンタルの作品では持田自身がピアノ演奏を披露している。

本人も以前からライブなどで楽器を弾きながら歌ってみたいという夢を持っていたようだが、今回ようやくアルバムに作品としてかたちを残すまでに至ったようだ。といっても、本人はこれまで正式にピアノを習ったこともなく、レコーディングの少し前まではスタッフも多少不安になるくらいの技量だったようだが、それでも短い時間でアルバムの1曲目に収録するほどの作品として仕上げている。

10月にはソロのコンサートツアーも予定しており、アルバム「manu a manu」にはツアーの予約チラシも封入されている。また、ツアーでも生でピアノ演奏を聞かせてくれるのか、今から楽しみである。

Information

リリース情報
アルバム「manu a manu」(読み:マヌ ア マヌ)
8月1日発売
CD+DVD AVCD-38502/B 3,990円(税込)
CDのみ AVCD-38503 3,150(税込)

持田香織 Concert Tour 2012 ~manu a manu~」
2012年10月13日(土)大阪 NHK 大阪ホール 16:00/17:00
2012年10月17日(水)愛知 名古屋市芸術創造センター 18:30/19:00
2012年10月27日(土)東京 神田共立講堂 16:00/17:00

関連リンク

持田香織オフィシャルサイトhttp://www.avexnet.or.jp/mochida/
Every Little Thingオフィシャルサイトhttp://www.avexnet.or.jp/elt/

TOKYO FMで持田香織の新番組「知って肝炎プロジェクト “Letter Songs”」が放送開始