ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・木の中で犬がミイラ化して発見
・20年後に発見される
・実に状態の良いミイラ

ミイラ犬

アメリカジョージア州で木の中にミイラ化した犬が発見された。

今回発見されたミイラ犬は、1960年頃から約20年間、木の中に存在したものと推定され、木材を取り扱う会社であるクラフトコーポレーション1980年に最初に発見した。

会社側は8.5mの高さの樫(かし)の木伐採してから木の中でミイラになった犬を発見したと発表した。

保存状態がとても良いこのミイラ犬には「ストルコ」という名前が付いており、サザンフォレストワールド博物館に展示される予定である。

博物館関係者は、ストルコを猟犬の一種と推定している。何か追いかけ中に入ってしまいそのまま閉じ込められてしまい出られなくなった。さらに、タンニン成分が水分を吸収し乾燥する環境となり、とても状態の良いミイラになったと推定している。

木の博物館であるサザンフォレストワールド博物館には、ストルコが展示された後、犬を見るために観覧客が増えたことが分かった。

ミイラ犬