ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・生き残りゲーム『PUBG』のスマホ版が2月9日リリース
・類似作品『荒野行動』を駆逐か?
パブリッシャーテンセント

PUBG Mobile

『PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)』のスマートフォン版が開発されており、そのスマートフォン版リリース2月9日の朝11時オープンベーターが開始されると言われている。

『PUBG』のスマートフォン版は海賊版が既にスマートフォン版に出回っており、『荒野行動』などかなり類似した作品になっている。
今回リリースされる『PUBG Mobile』はBlueHoleではなく、テンセントパブリッシャー。既に公開された映像を見ると『荒野行動』に似ているという声も挙がっている。

類似の類似という指摘になるわけだが、『荒野行動』そのものが『PUBG』の盗作なのでその主張は微妙である。

実際に『PUBG Mobile』の画面を見てみると、マップの位置や武器アイコン、移動アイコンの位置など『荒野行動』そのままなのがうかがえる。

かしこれらは『荒野行動』など海賊版を駆逐するためにわざと似せて作ったとも考えられる。

当初オープンベーターで遊べるのはAndroid版のみで、iOS版も申請中だという。

また『PUBG Mobile』は2種類が開発されており、Lightspeed & Quantum Studioが開発するオリジナルに近いものと、Timi Studioが開発するアクション要素が高い作品。

上:PUBG Mobile、下:荒野行動