開催中のアーケードタイトルを専門としたイベントジャパン アミューズメント エキス2018」(以下,JAEPO2018)のKONAMIブースに,2018年の稼働開始が予定されている対戦アクションゲーム「ボンバーガール」プレイアブル出展されている。

リンク「ボンバーガール」公式サイト
リンクKONAMI「ジャパン アミューズメント エキスポ 2018」特設サイト

 名作ボンバーマン」のルールベースに,個性あふれるボンバーガール達が4人対4人の対戦バトルを繰り広げる本作。そのステージイベントJAEPO2018初日となる2018年2月9日に行われた。ゲームルール解説やデモプレイが行われたステージの模様と共に,本作の試遊レポートをお届けしたい。


 ブロックが置かれた通路に爆弾を置き,ブロックを壊したり,敵を攻撃したりするボンバーマンの基本ルールを踏襲しつつ,本作では敵味方4人ずつのチームに分かれて,両営の拠点となる「ベース」の破壊をす。敵のプレイヤーや「ゲート」「タワー」などを爆弾で攻撃すると敵の「勢ゲージ」が減少し,これを0にするとコンパネ中央の「起爆ボタン」がる。それを押すことでベースにとどめを刺せるというシステムだ。
 敵へ攻め込むだけでなく,敵の攻撃に対する防衛も重要な,MOBAタイトルを思わせる攻防が繰り広げられるのだ。


 プレイヤーキャラクターとなるボンバーガールは,色にちなんだ名前とルックスで登場する。それぞれ,アイテムを取ることによってパワーアップするステータス爆弾数(BOM)」「爆FIRE)」「移動速度SPEED)」の上限に違いがあり,さらに個性的な「スキル」も持っている。
 スキルアイテム経験値EXP)」を取って「チーム経験値」を上げることで使える特別なで,攻撃や防衛,サポートなどさまざまな効果を持つ。スキルによる役割の違いを考慮してチームを組むことも重要な戦略になりそうだ。
 なお,JAEPO2018に出展されているバージョンでは,コラボキャラクターである「藤崎詩織」と「ツガル」を含めた8キャラクターを選べる。


 実際にプレイしたところ,「爆弾を置き,起爆するまでに爆が来ない場所に移動する」というボンバーマンの基本を守りつつ,味方の位置なども配慮することが非常に重要だと感じられた。
 味方の爆に当たってもダメージを受けることはないが,その場で一定時間動けなくなるため,敵に対してスキを与えてしまうのだ。とくに味方が周囲にたくさんいるときは,爆弾の置き場所を考えたり,をかけて注意を促したりする必要があるだろう。
 ちなみにボンバーガールは,敵の爆を受けるとHPが減り,これが0になると画面に彼女らのあられもない姿が映し出され,リスポーンまでの時間,バトルに参加できなくなってしまう。


 ゲーム終了後には「ボンバーガチャ」が引け,新たなスキルが使えるようになる「スキルカード」や,プレイヤーキャラクターの姿が変わる「ドレスアップアイテム」などが手に入るとのこと。
 これにより,自分だけのボンバーガールを作れるのだ。


 JAEPO2018のKONAMIブースには,計8台の試遊台が用意され,4人対4人の対戦を体験できる。一度に8名がプレイだが,1プレイ較的長めで,それに例して待ち時間も長くなる可性がある。プレイしたいという人は,めにブースを訪れよう。

リンク「ボンバーガール」公式サイト
リンクKONAMI「ジャパン アミューズメント エキスポ 2018」特設サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttp://www.4gamer.net/games/371/G037117/20180209075/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
ARCADE ボンバーガール

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

[JAEPO2018]KONAMI「ボンバーガール」ステージ&試遊レポート。個性豊かで魅力的なボンバーガール達が繰り広げる「爆破バトル」をJAEPO会場で楽しもう