クーリエ・ジャポン×GARDEN×JVC コラボイベントとしての第7弾です。
聞き手はおなじみ、キャスタージャーナリストの堀潤さん。JVCアフガニスタン事業代表の小野山も登壇。平和を実現するために活動するサビルラ、そしてJVCの活動をご紹介します。

アフガニスタンの情勢について知っていただき、そして平和を実現するために私たちにできることはなにか、一緒に考える機会にできればと思います。アフガニスタン人の生の声に触れられる貴重な機会です。ぜひご参加ください。

イベント概要】
・日時:2018年2月17日 (土) 15:0017:00
・会場:講談社 2Fセミナールーム (東京都文京区音羽2-12-21)
・参加費:無料
・申込み:下記よりお申し込みください
 http://bit.ly/2GDin8i

※英日逐次通訳あります。

アフガニスタンでは40年近く紛争が止まず、民間人死傷者数が過去最悪に達するなど「慢性的な人道危機」が続き、日々の生活にも暴力が蔓延しています。

そんな状況のアフガニスタンに生まれ育ち、自身も若いころ「力」を信奉していたサビルラは、JVCを通して武力ではない「対話の力」に気づき、武器を捨てて平和の実現のために新たな挑戦「ピース・アクション」を始めました。

武力の応酬が絶えないアフガニスタンにおいて、それは本当に勇気ある決心です。今JVCが活動している地域では平和な暮らしが守られており、それをアフガニスタン全土に広げるためにJVCは活動をしています。
(ピースアクションついての詳細はこちら⇒ http://bit.ly/2s02d3z

当日はサビルラがなぜ武器を捨てるにいたったのか、その後どんな取り組みを始めたのか、自身のライフヒストリーを中心にお伝えします。アフガニスタンスタッフが来日し、直接お話することは本当になかなかない機会です。皆様のご来場お待ちしております。

*大阪・山梨でサビルラと一緒に来日する現地スタッフハーブが登壇するイベントも開催します。
 詳細はこちら⇒2/17@山梨 http://bit.ly/2E29nLP 2/18@大阪 http://bit.ly/2DL1xmm

【登壇者プロフィール

堀 潤(ジャーナリストキャスター
1977年生まれ。元NHKアナウンサー2001年NHK入局。
ニュースウォッチ9リポーター、「Bizスポ」キャスター2013年NHKを退局しNPO法人8bitNews」代表に。現在、TOKYO MX「モーニングCROSSキャスターJ-WAVEJAM THE WORLD」ナビゲーター、abemaTV「AbemaPrime」コメンテーター、淑徳大学客員教授、毎日新聞ananなどで多数連載中。



サビルラ・メムラワル(JVCアフガニスタン事業 副代表)
1976年生まれ、ナンガルハル県のメムラ村出身。娘1人息子3人がおり、親族30人を超える大家族で住んでいる。80年代アフガニスタンでの内戦中、難民となってパキスタンに移住。パキスタンNGOや会社等で労務管理の職を経て、2004年アフガニスタンに帰還しJVCに参加。2016年より副代表に。
また、JVCも加盟団体となっているアフガニスタンの全国NGOネットワークである”ACBAR”(加盟団体数136)の運営委員も務めている。



小野山 亮(JVCアフガニスタン事業代表)
福岡県出身。スリランカ駐在での内戦や津波からの復興支援、インドフィリピンなどでの生活支援、提言活動などに従事。世界中にある数々の紛争、争い。何とか解決できないのでしょうか。政府でも国際機関でも、組織や団体でも、そして一人の市民でも、それぞれにできることが あるハズ・・ですよね。そんな気持ちから、これまで主に、平和、民族などの分野に関わり、市民としての立ち位置で現場に寄り添うような活動を行なうNGOの世界に身を置いてきた。2012年7月よりJVCに参加、現職。


■主催: GARDEN Journalism/日本国ボランティアセンター(JVC)
■協力: 講談社 クーリエ・ジャポン
■お申し込み: http://bit.ly/2GDin8i
■お問い合わせ:JVC 広報担当 仁茂田(にもだ)

TEL:03-3834-2388 MAILinfo@ngo-jvc.net 
※取材をご希望の方は、事前に「お問い合わせ先」にご連絡ください。

日本国ボランティアセンター(JVC)とは
JVCは1980年インドシナ難民の救援を機に設立された国際協力NGOです。現在はアジアアフリカ・中東および日本国内の東日本大震災被災地で活動をしています。JVCのポリシーは、問題の根本の解決にこだわること。
例えば食料不足に対して、食料をあげるだけでは根本的には解決しません。また難民になった人を助けても、難民になること自体を止めることはできません。足りないものをあげるのではなく、作る方法を一緒に考える。紛争で傷ついた人を助けるだけでなく、紛争を起こさない道を作る。「問題の根本にこだわる」、この思いがJVCの活動を貫いています。
公式HP:http://www.ngo-jvc.net/

配信元企業:特定非営利活動法人 日本国ボランティアセンター

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ