こたつで居眠りをすることに対する注意喚起の投稿が先日、SNS上で話題になりました。会社の仲間が亡くなったという投稿者は、その死因について「コタツで居眠り、脱症状からの脳出血でした」と投稿。「発見が遅れた」ことも一因だとした上で「コタツでの居眠りは最高に気持ちいいですが、皆様もご注意ください」と呼びかけています。これを受けてSNS上では「風邪を引くとはよく聞くけど、死の危険もあるなんて…」「私の知人も昔こたつで亡くなっているので、この危険性がもっと認知されてほしい」「コタツ寝落ち常習犯なので気をつけます」など、さまざまなが上がっています。

 こたつには実際、こうした危険性が潜んでいるのでしょうか。オトナンサー編集部では、医師市原由美江さんに聞きました。

血管が詰まって脳梗塞心筋梗塞に…

Q.こたつでの居眠りが死を招くメカニズムについて教えてください。

市原さん「こたつで寝ると体温が上がり、発汗することによって脱状態になります。脱状態になると血液がドロドロとし、血栓ができやすくなり、血管が詰まることで脳梗塞心筋梗塞など命に関わる病気を発症します」

Q.こたつを使用する際に気を付けるべきことは何でしょうか。

市原さん「こたつは下半身だけ温まるため、知らないうちに汗をかき脱を起こしてしまうことがあります。脱予防のためにこまめな分摂取を心がけましょう。また、こたつで寝てしまう状況を避けることが大切です。特に食後や帰宅後は眠気が増すため、こたつで横にならないように注意しましょう。どうしても寝てしまいそうな時は、あらかじめタイマーを利用し、こたつの電が切れるようにしておくと安心です」

Q.こたつ以外で、使用時に注意すべき電製品などはありますか。

市原さん「電気毛布電気カーペットも注意が必要です。体全体が温まるため、寝ている時に使用すると体温調節ができなくなり、こたつと同様に脱を招く恐れがあります。また、低温やけどを起こす可性もあります。寝る直前に電を切ったり、タイマー機を使ったりして予防しましょう」

(オトナンサー編集部)

こたつでの居眠り、実は危険?