ツイッター投稿された、とある学校先生自作したPC写真があまりにも斜め上すぎると話題です。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 PCマシンの排熱処理が結構重要なはずなのですが、その先生PCケースにしたのは、なんと電気ポット。ポット内部にCPUマザーボードメモリなど必要なものを一え搭載しています。

 このPCを、ツイッターユーザーさんは
「うちの学校先生が作った自作PCが面すぎるwwwwwww
と紹介しています。

 「どうしてガワにポットを選んだ!?」と、これを見た人はあまりのチョイスにざわざわ。これ蓋を閉めたら排熱できないヤツじゃん、ネタでしょ?とリプライは反に沸いています。ポットから伸びているコードWindowsホーム画面を映しているモニタに接続されている様子はかなりシュール。保温したら明らかアカンやつ……。このポットマシン、「iPot」と称する人も。上手い事を言いますな……。

 自作ポットPC制作した先生によるとCPUIntelCore-i3 メモリ4GSSD120GBOSWin8.1を搭載しているなど、そこそこ使えるスペック。ちなみに電は給湯ボタン温度は湯量を見るの部分に仕込んであるアナログな棒温度計で確認することができるとの事。総額5万2千円ちょいでできているそうです(さん調べ)。

 取っ手が付いていて確かに持ち運びはとても楽そうですよね!排熱でお湯が沸いたりは……しませんが、遊び心満載の自作PCMac Proもびっくりなナイス発想ですよね。以前に電子レンジのパネルが壊れたので電卓を使ってパネルの代わりに取り付けた人がいたりとか、炊飯器PC仕込んでみた人とかもいましたがこういう柔軟な発想が新しい何かを生み出すになるのかな?

<記事化協
さん(@amano0222

みいな)

Windows搭載ポット型PCの出現にネット騒然