ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
平昌五輪の開会式でNBCの解説が失言
・「韓国は日本のおかげで発展した」と発言
・12日になり解雇に追い込まれる

ジョシュア・クーパー・ラモ(Joshua Cooper Ramo)

平昌五輪の開会式でNBCの解説者ジョシュアクーパー・ラモ(Joshua Cooper Ramo)が韓国が日本に植民地支配されていた時代を「日本が韓国を植民地にして発展させた」と解説。

9日の開会式でジョシュアクーパー・ラモは「1910年から1945年まで、日本が韓国を武力支配したが、韓国人は日本の文化、技術、経済的の見本になった」と解説

この解説が韓国民の逆鱗に触れ批判が殺到。NBC側はこれを謝罪し12日になりジョシュアクーパー・ラモを解雇したと発表。

NBCも「今回の発言で韓国国民の気持ちを逆なでし、おわび申し上げたい」と公式謝罪。

しかし韓国のネットユーザーの怒りは収まらず「解雇で終わる話ではない、本人が謝罪しろ」「正しく訂正しろ」というコメントが出ている。