昨年9月3日に開かれた小室圭さんとの婚約内定会見で喜びにあふれた心境を明かしていた秋篠宮家の長女、眞子さま。しかし、わずか3カ月後、祝賀ムードに水を差す醜聞が報道された。小室さんの実母が、元婚約者の男性と金銭トラブルを抱えているというのだ。眞子さまと小室さんの“出会いの場”になったICU国際基督教大学)の学費や留学の費用、生活費などが積もり積もって、借金総額は400万円を超えたにもかかわらず、小室さん母子は返却の意思をまったく見せないと…。

 皇室担当記者が語る。

「報道を受け、年末から年明けにかけて、秋篠宮ご夫妻や眞子さまが御所をお訪ねになる回数が増えました。おそらく、報道についての説明に上がっていたのでしょう。ただ、この段階では、婚約の延期などはまったく話に上がっていなかったはず。少なくとも宮内庁には伝わってきていませんでした。なぜなら、3月4日には結納に当たる“納采の儀”が控えており、宮内庁一般人の記帳などを含めた儀式の準備を滞りなく進めていたからです」

 ところが追い打ちをかけるように、1月25日発売の週刊誌でも、一連の騒動の詳細をさらに掘り下げた記事を掲載。前出の皇室担当記者は、そこに致命的な“一文”があった、こう明かす。

「それは、元婚約者男性が母子に返済を迫った際、圭さんが『返すというか、もともと贈与を受けたものだと認識している』と答えたというものでした。記事を読んだ、とある宮内庁関係者は『これはもう母親だけの問題じゃなくて本人の話だろう。許さん、破談だ!』と激怒していました」

 2月13日発売の週刊アサヒ芸能2月22日号では、この間の舞台裏をさらに詳細にレポートしているが、結局、2月6日眞子さま宮内庁を通じて“お気持ち”を公表。婚約、結婚に関する儀式が2020年まで延期されることが明らかになったのである。

アサ芸プラス