スノボ女子SSは転倒者続出…英BBCが厳しい指摘「開催地に相応しくないという声も」

 平昌五輪は様々な屋外競技で突風と極寒の荒天に選手が苦しめられている。12日に行われたスノーボード女子スロースタイルハーフパイプでもジャンプ中に猛烈な逆風に煽られ、アイスバーンのような斜面に転倒するシーンが相次いだ。過酷な競技環境を、権威ある英公共放送BBC」の解説者、記者は問題視。「平昌は開催地に相応しくないという声も聞かれる」と厳しく指摘している。

 4年に一度の世界の祭典。アスリートの努力と観衆の感動を損ね兼ねない平昌の現状に海外から疑問の声が上がった。フェニックススノー競技場で12日に行われた女子スロースタイル決勝は強風のため、開始が1時間遅れ、さらにトップ選手が次々と転倒する事態となった。

 記事によると、解説者を務める2014年の女子スロースタイルメダルジェニージョーンズ(英国)は「あまりに衝撃。実際に起きたことは完全なる宝クジよ。どのような話し合いが行われているのか。なぜ、誰もがこれは延期しようと言わないのか。自分なら延期を希望していたと思う」と語ったという。

 ジャンプ中に強い風に煽られれば、転倒の可能性は高まる。強風がやんだタイミングで演技できれば、当然、優位になる。運に左右されかねない現状は「宝クジ」と表現し、転倒者が続出した決勝は延期が相応しかったと主張。さらに、このように疑問を呈している。

解説者は「深刻な疑問」と指摘「最も喜んだのは誰も深刻な怪我をしなかったこと」

「もちろん、安全なものなんてない。エクストリームスポーツで、60フィートのキッカーからジャンプする。(強風のあまりに)まるでボードの上で海を渡るような感覚になっている。誰も重傷を負わずに幸運だった。なぜ、これが行われたのか疑問に持っている」

 一方、BBCの解説者、エド・ライ氏は平昌五輪の運営状況に「深刻な疑問がある」と指摘している。

「誰がこの日の最高の選手だったか、という問題ではない。誰が最高の天候条件を手にできたか、だ。これは3つのメダルのうち、2つをもっとも経験深いライダーが手にしたことには驚きはない。私が最も喜んだ部分は誰も深刻な怪我をしなかったことだ」と話したといい、決勝で大怪我を負う選手が出たなったことが朗報と締めくくっている。

 さらに、BBCニックホープ記者は「あまりに寒い。風が強過ぎるというのが、平昌2018で最も頻繁に聞かれる批判だ」と現状を説明し、中継局としての立場から厳しい声も上げている。

 記事では「我々はオリンピックにいる。競技を中継するために巨額の資金を投じている海外メディアとしては巨大なプレッシャーが存在する。直前の日程変更は何としても避けたい。平昌が開催地に相応しくないという声もある。(平昌は)それまでの2大会の開催地選考で落選しているのだ」とつづり、平昌が選出された経緯も振り返りながら意見を述べていた。

 天候により開催予定が変わり、選手は一瞬の風向きに左右される。海外メディアは厳しい視線を注いでいる。(THE ANSWER編集部)

平昌に吹く突風により転倒する選手が続出【写真:Getty Images】