女優の佐々木希が、4月20日から放送開始となるNHKドラマ10『デイジー・ラック』に、夏菜、中川翔子、徳永えりらと出演することが発表された。佐々木は「皆様に共感していただけるように一生懸命演じたいと思っています」とコメントを寄せている。

【写真】「佐々木希」フォトギャラリー

 『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の原作者として知られる海野つなみによる同名コミック実写化する本作は、30歳目前で仕事も恋も失った楓(佐々木)が、子供のころからの夢だったパン職人になり、奮闘する姿を描く。子供のころに「ひなぎく会」として集まっていた幼馴染みで、高級エステサロンの仕事にまい進する薫(夏菜)、極貧のカバン職人のミチル(中川)、そして新婚のえみ(徳永)も物語を彩る。

 佐々木は、「『私には何もない!』という、楓のどん底状態からスタートする物語。アラサー世代なら誰もが共感する部分が、胸がチクリと痛くなるくらいにリアルで切実に、そして泥臭く描かれており、『どうにか頑張れ!』と心の中で思いながら台本を読みました」と回想。「幼馴染み4人のアラサー女性が、恋や仕事、生きる事にもがきながら、どう成長していくのか…、私自身も楽しみです。皆様に共感していただけるように一生懸命演じたいと思っています」と意気込みを明かしている。

 一方、原作者の海野は「自分の中でも大事な話なので、ドラマ化されて嬉しいです。結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代というのは、女性は特に大きな転機だったりします。このドラマが、そんな皆さんへのエールになればいいなと思います」とメッセージを寄せた。

 ドラマ10『デイジー・ラック』はNHK総合にて、4月20日から毎週金曜22時放送。

4月スタートのNHKドラマ10『デイジー・ラック』に出演する佐々木希(C)中村和孝