視聴率も好調のHey! Say! JUMP山田涼介コメディドラマ『もみ消して ~わがの問題なかったことに~』(日本テレビ系)。10日放送の第5話の均視聴率は、初の1ケタとなる7.1ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。裏では、葛西紀明選手らが出場した平昌五輪スキージャンプ男子の個人ノーマルヒル決勝が20.7叩き出していますから、仕方ないですね。

 展開に強引さはあるものの、回を追うごとにキャラ不自然さが少しずつ薄れてきた同作。今回もあらすじを振り返ります。

過去レビューはこちら
http://www.cyzo.com/tag/もみ消して冬

■里子の魅力は描かれず

 内勤のエリート警察官・秀作(山田)が以前から狙っている同僚の里子(恒里)が、前回のホームパーティーをきっかけに・博文(小澤征悦)と“いい感じ”に。外科医の博文は、職場のライバル医師・善財(フラミンゴ千人)と“どちらが先に結婚できるか”を競っているため、秀作の気持ちを知っても引こうとはしません。

 これまで、博文から絶対従を強いられ、あらゆる物を横取りされてきた秀作ですが、今回は「どんな手を使ってでも勝ってみせる」とメラメラ速、里子を“うなぎデート”に誘いますが、あっさり断られてしまいます。

 その晩、里子に食事を断られたのは、博文との先約が入っていたからだと知った秀作は、「兄さんに勝てる見込みは、全に消えた……」と絶望。むしろ、断った理由がっ当な分、希望を見いだしてほしいものですが、この主人公童貞なのか、マックスまで悲観し、の庭先で倒れながら子のような表情を浮かべます。このシーンとか、山田ファンは「かわいいはぁと)」となるんでしょうね。

 正々堂々と勝負しても勝てないと踏んだ秀作は、善財の元へ。博文の足を引っるための協を仰ぎます。

■わかりやすいオチ

 バレンタインデーの晩、博文は里子を誘い、クルーズ船でのディナーデートへ。秀作が自宅でヤキモキしていると、・知晶(波)に“卑怯なやり方”で博文の足を引っるよう発破をかけられ、速、船が出る埠頭へ。

 慌てるがあまり財布を忘れるも、警察手帳をチラつかせバスタクシー銭乗し、的地へ。すると、「お兄さんから、係長を待つように言われました」と笑顔の里子が。博文から電話で「お前を奮い立たせるための作戦だったんだよ」と告げられた秀作は、の計らいに感謝します。

 その頃、別の女性デートをしていた博文。実は、里子よりもグレードの高い患者の女性からアプローチされたため、里子や秀作にいい顔をしただけなのでした。

 しかし、そのハイグレードな女性は、善財が仕向けた刺客。はめられた博文が呆然とし、第5話は終了です。

■キャラが心のない人形みたい

 一家での何気ないやり取りの中で、主人公が一喜一憂する様子を朗らかな気持ちで眺める同作ですが、回を追うごとに内容が幼稚になっている感もあり、アラフォーの筆者には少々辛い時間に……。

 何より、ストーリーと並行して、キャラクターの性格や背景がわかっていく構成だからか、キャラそれぞれの心情がよくわからない……。同じ脚本家が手掛けた同局のジャニーズドラマ世界一難しい恋』や『ボク、運命の人です。』なんかは、主人公に人間味があり、心の動きを追うのが面かったんです。しかし、今回はキャラたちがあまりにも“お人形”すぎて……。しかも、不要なシーンや退屈でスローシーンも多く、時間にかなり余裕がないと、毎週見るにはキツいなあ……という印です。

 とはいえ、ネット上には「面い」「笑える」というコメントが並び、何より数字が需要の高さを物語っていますから、客観的に見て「気楽に見られるホームコメディ」というジャンルは時代にも合っているのだろうなあと思います。その対極にあるのが、おそらく「難解すぎて、疲れる」「脚本家のひとりよがり」と摘されている同局の『anone』なのでしょう。案の定、大コケしてますから。

 というわけで、にも感情移入できず、上辺だけでツルツルと動いていくストーリーをポケーッと眺める『もみ消して』。なるで、この主人公のことを好きになりたいです。
(文=どらまっ子TAMOちゃん)