2月11日の13時20分頃、栃木県鹿の特設テストコースにおいて、0-100km/h加速で1秒921というとんでもない記録を達成し、世界一速いASPARK OWL。

詳細画像はこちら

昨年のフランクフルトショーコンセプトモデルが発表され、50台限定での販を予定、予想販売価格は4億6千万円といわれています。

詳細画像はこちら

そのASPARK OWL、開発の段階で様々な記録に挑戦していくことで、すでに発注を表明しているというウェイティング中の顧客満足度を向上させようという狙いもあるようです。その第一弾の挑戦が、0-100km/h加速テストで2を切ると言うもの。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

中の栃木県鹿では素のままのタイヤでは加速が鈍ることもありえるので、バーンナウトタイヤを暖めます。

詳細画像はこちら

そして13時20分ころ、多くのスタッフ報道が見守る中、1本の走行が行われます。この時のタイムが1921!テスト1回標をクリアしてしまったのです。いかに開発車両とはいえ、この高い標を一発クリアするというのはオドロキ

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

開発車両製作には、東京モーターショーなどで話題となったスーパーカーIF-02RDS」を世に送り出したIKEYA FORMULAが全面協しています。スーパースポーツに対してのノウハウは並々ならぬもの。ASPARKの代表である吉田教さんも、この性にはご満悦で、開発も次の段階へと進めていくとのことでした。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

この素晴らしい加速を生み出したのはEV、すなわち電気自動車であることが大きな要因といえます。四輪に駆動を与えるモーターは400kwが2台。400kwは換算すると約544。2台で1088を発揮することになります。

詳細画像はこちら

1000ガソリンエンジンとなると、有名なところではブガッティ・ヴェイロンがありますが、排気量8リッターのW16エンジンにターボ4基で出せる出。そしてその8リッターW16エンジンの重量は約400kgにもなります。ところがASPARK OWLは、写真をご覧いただければお解かりのとおり、電気自動車とすることで大幅に軽量コンパクトとなります。

詳細画像はこちら

今回の0-100km/h加速テストで2を切るという標は闇パワーを上げて達成させるというものではなく、このパワーに見合う、そしてそのパワーえるボディを作り上げるために必要なものであったとのことです。

詳細画像はこちら

先進的なウルトラスポーツEVを全くゼロのところから作り上げていくというのは、心意気だけでは達成することは出来ません。一歩一歩前進させるためのたゆまぬ努とそれを裏付ける技術があってこそ。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

コンセプトモデルの内装にしてもオールグラスコックピットカメラ式のサイドミラーなど先進技術を多用。インフォテーメントやAI式の安全技術なども積極的に取り入れていくとのことです。

詳細画像はこちら

今回、大記録を打ち立てたASPARK OWL。次はどんな記録を打ち立ててくれるのか?そしてどんな未来を見せてくれるのか。続報を楽しみに待ちましょう。

写真・文:松永和浩)

【関連記事】

0-100km/hを1921!販予定の日本ウルトラEVが大記録を達成。気になる予想価格は?
https://clicccar.com/2018/02/11/558541/

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

0-100km/h加速を1秒921を達成したウルトラEVスポーツ・ASPARK OWLとは?(http://clicccar.com/2018/02/13/559083/)