文・取材:戸塚伎一

RPGアツマール投稿作品を始め、多種多様な自作ゲームが勢ぞろい!


 2018年2月10日〜11日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲームファンゲーム大会の祭典“闘会議2018”。個人や小規模チームによって制作されたゲームプレイアブル展示するブース“自作・インディーゲームエリア”は、前回に引き続き、ブラウザゲームの投稿サービスRPGアツマール”と、JNCA(日本ネットクリエイター協会)の両団体が管理・監修するゲームが、プレイアブル展示された。大手ゲームメーカータイトルとは異なる題材やプレイ感覚の作品の数々に、来場者たちはおおいに楽しんでいるようだった。


【画像13点】「少数精鋭で開発されたゲームの切れ味の鋭さに圧巻! “自作・インディーゲームエリア”リポート【闘会議2018】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 順番がきたら、ふたりひと組でHTC Viveプレイスペースに入る。両手のモーションコントローラーは直接握るのではなく、手の甲の上にセンサー部がくるような形で特製バンドを装着する。

 プロジェクターの大画面映像で遊べるスペースでは、RPGアツマールの人気投稿作品『妹が作った痛いアクションゲーム「トリプルセックス」』と、『世界一難しいギャルゲ』の特別バージョンプレイできた。スペースにはゲーム実況者が常駐し、ゲーム内容の説明やふたりプレイの対戦相手として活躍していた(右写真はゲーム実況者カモ君)。


 会場には、『世界一難しいギャルゲシリーズの作者・まっくす氏(画像)の姿も。2月11日オリジナル最新作『世界一難しいギャルゲ 特別編』が公開された。

■『世界一難しいギャルゲ 特別編』のブラウザプレイ ※RPGアツマール


 JNCAエリアでは、主にカードゲームの体験プレイ・販売が行われていた。また、JNCA会員であるフリーサウンドクリエイターCOSIOこと小塩広和氏が参加する同人シューティングゲーム『Rolling Gunner』(2018年4月リリース予定)もプレイアブル出展されていた。


 エリア内に設置されていたステージでは、人気ゲーム実況者によるインディーゲーム実況プレイや、JNCA会員クリエイタートークイベントが行われ、その模様はニコニコ生放送ライブ配信された。11日には、『Rolling Gunner』開発メンバーの代表3人(画像)が登壇し、制作秘話を語った。イベントでは、同作プロジェクトリーダープログラマーの小泉氏が、自作の敵配置ツールで、シューティングゲームの敵出現パターンを作成するという、滅多に見られない“ゲーム開発実演”を披露した。


ニコニコ自作ゲームフェス2018受賞作ピックアップ

ツケカエゴーレム(作:やしへい)


 U-23部門 、Unityスタークリエイター賞 をダブル受賞したアクションパズルゲーム。頭部と脚部が分離するゴーレムを操作して、ステージに設置されたすべてのスイッチを同時に押せばクリアー……というルールで、ブロックを挟んで持ち上げたり、挟んだブロックを疑似立体的にパタンと反転させたりといったギミックが攻略のカギとなる。ゴーレムパーツ分離後の挙動など、基本的なコツをつかむには少し時間がかかりそうだが、操作感やキャラクターの動き自体はとてもいい感じ。

■Windows PC版 ダウンロード ※itch.io



HIDDEN...(作:mt.saji)


 『RPGツクールMV』の習作として制作したというポイントクリック形式のアドベンチャーゲームで、ドラゴンブック編集部賞受賞作。シンプルで独創的なグラフィックと、往年のアドベンチャーゲームに近いプレイ感覚が特徴。少し触っただけではただの不条理謎解きモノに思えるが、辛抱強く取り組むことで、閉じた世界のコスモスが浮かび上がってくる。

■ブラウザ版プレイサイト ※RPGアツマール


傭兵王(作:くたずみん)


 カードタワーディフェンス賞受賞作。ゲーム内容は賞の名称通り、出撃ユニットをトレーディンカードに見立てたタワーディフェンスゲームで、敵軍との相性を考慮したデッキ編成と戦略が要求される。現在、iOSAndroidアプリとして各ストアで好評配信中。

■iOS版 ※App Store
■Android版 ※Google Play



バグロックタワー(作:めんたいランド


 魔王の女の子が、ダンジョンにはびこる害虫を倒していくRPGコミカル3Dダンジョン賞受賞作にふさわしい、明るいギャグムードと硬派寄りのゲームバランスが特徴。各パラメータがアナログな文章で表現されるなど、そこかしかにRPGセオリーを逸脱する要素が見受けられる。

■Windows PC版 ダウンロード ※ふりーむ!