森永製菓株式会社1899年の創業以来、その時代の人々の生活に寄り添って改良を加えながら作り続けてきた「キャラメル」から、伝統の味を守りつつも、3つの機能性を持つ「難消化性デキストリン」を配合したミルクキャラメルミルクキャラメルプラス」(238円)を機能性表示食品として2月20日(火)より全国のスーパー・ドラックストア限定で発売する。

【写真を見る】1899年の創業以来、長く愛され続けている森永製菓の「キャラメル」

同商品は、「ミルクキャラメル」のほどよい甘さとミルクのやさしい味わいをそのままに、「機能性表示食品」市場の中でも注目度の高い、脂肪の吸収を抑える機能、糖の吸収をおだやかにする機能、おなかの調子を整える機能がある「難消化性デキストリン」を配合したキャラメルとなっている。

日本人糖尿病予備軍は1100万人を超えると言われており、年々、健康に対する意識は高まりつつある。ほっと一息つきたい時にはもちろん、健康意識が高い人のちょっとした小腹満たしにもぴったり。ぜひ一度試してみては?(東京ウォーカー(全国版)・安藤果那子)

森永製菓より脂肪や糖が気になる人でも楽しめる機能性表示食品「ミルクキャラメルプラス」が発売する