彼氏がほしくないわけじゃない。結婚を全否定するつもりもない。でも、オシャレをして合コンに参加するとか、なんか面倒くさいし。そもそも、男性ウケの良いワンピースとか着るの、媚びていてヤな感じ……。

そんな考えを持っている女性が、意外にも結構います。

筆者もたまに、「この人って、恋愛とか興味ないのかな」と思っていて、実は違った……ということが何度かありました。

恋愛したいけれど、いろんな意味で面倒くさいと思っている女性は、本当に「もったいない」です。ちょっと思考を変えるだけで、彼氏ができるはずですから。

そして、ちょっと思考を変えるために必要なのは、『経験』なんじゃないでしょうか?

経験が浅いと、躊躇する

恋愛に限りませんが、経験がそれほどないもの(あるいは未経験のこと)については、誰だって及び腰になります。慣れていないのですから、よくわかりませんし、不慣れであるがゆえに「面倒」「ややこしい」という印象も抱きがちになるでしょう。

とはいえ、恋愛を面倒くさいと感じる女性すべてが、恋の経験があまりないと言っているわけではないのです。

恋愛経験がそれなりにあっても、「こうすれば、たぶんこういう展開になって、自分は幸せになれる」という流れが身に付いていない場合、恋をすることを億劫に感じるでしょう。

彼氏とお付き合いする様子を頭の中で思い浮かべても、それを現実とするための行動を起こす、努力をするということに躊躇してしまうのです。

やってみなくちゃ、始まらない

結局のところ、恋はしてみなくちゃ始まらない、ということです。

彼氏がほしい、結婚したい! と思うのなら、面倒でも何でも行動を起こすべきでしょう。そして、面倒に感じること(オシャレ合コンへの参加)を経験する中で、「何をすれば男性がどういうリアクションを示すか」を身を持って知ることが大事です。

面倒くさいと、回避し続けるだけでは、一向に彼氏はできないので……。

また、男性ウケの良いファッションに身を包むことが「媚び」だと感じるなら、モテファッションは「武装」だと思った方が良いかもしれません。

恋愛をする上では、男性も女性も最低限のオシャレが必要なのです。ダサい服装で、櫛が通っているとは思えない髪型の男性を「彼氏にしたい」とは思えないのと一緒。男性も、オシャレに興味がなさそうな女性は、やっぱり彼女候補には選ばないでしょう。

そもそもの話ですが……恋愛とは面倒なものです。そして、恥ずかしいことです。

面倒で恥ずかしいことをわざわざする、それが恋だといえます。

でも、面倒で恥ずかしいことをしていても、好きな人とお付き合いできることは最高に楽しいのです。「なんとなく、メンドくさい……」という曖昧な理由で避けてしまうのは、とてももったいないでしょう。

重い腰を上げて、面倒なことをあえてやれば、「なぜもっと早く恋をしなかったんだろう?」と不思議に思うほど、恋愛が楽しくて仕方なくなるはずです。(沙木貴咲/ライター

(愛カツ編集部)

Closeup portrait funny sad young girl looking up thinking seeing bad news sms comment trolling message photos phone in hands disgusting emotion on face isolated cityscape background. Human expression