昨季のセルタ戦で決めた麗な一撃をリーガ公式ツイッター動画付きで紹介

 アトレチコ・マドリードは現地時間10日のマラガ戦に1-0で勝利し、首位バルセロナを勝ち点7差で追走している。フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがエースとして君臨するなか、33歳となったスペイン代表FWフェルナンド・トーレスは今季リーグ戦の先発出場は3回にとどまっているが、積み上げてきた実績とファン情は決して色褪せない。リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターも、“スペイン子”が過去に決めた超絶オーバーヘッド弾に再びスポットライトを当てている。

「ちょうど1年前…トーレスはこのゴラッソを生んだ」

 リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターがこのようにメッセージを添えて回顧したのは、2016-17シーズンの第22節本拠地セルタ戦(3-2)の一撃だ。

 先制されて迎えた前半11分、アトレチコは左サイドボールを持ったベルギー代表MFニックカラスコカットインからゴール前のトーレスへくさびのパスを供給。背番号9は手前でバウンドしそうな難しいパスの勢いを右足裏で殺し、浮き上がったボールに倒れ込みながら右足を一麗なオーバーヘッドから放たれたシュートは、美しい弧を描いてゴール右のサイドネットに突き刺さった。

「アトレチコの歴代ベストFW」

 相手GKが一歩も動けない璧な一撃にチームメイトが歓喜するなか、トーレスは表情を変えずに自へ戻っていく様子が印的だ。投稿の返信欄には、「王様」「アトレチコの歴代ベストFW」「ファンタスティック」とめて称賛の言葉が送られる一方で、「素晴らしいが、トーレスだからな」とキャリア全盛期に照らし合わせるファンからはさらなる期待が懸けられている。

 トーレス16歳でアトレチコのトップチームデビューを果たし、2002-03シーズンからの5年間でリーガ・エスパニョーラ75得点をマーク2007年イングランドに渡り、リバプールでは4年間でリーグ戦計65ゴールを挙げたが、10年にチェルシーに移籍してからは下降線を辿った。セリエAACミランを経て、14年にアトレチコに帰還した。

 今季はリーグ戦2得点とはいえ、ファンからの人気リスペクトは決して揺るがない。しもが“子”のゴラッソを心待ちにしている。

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

“貴公子”トーレス、絶妙トラップ→オーバーヘッド弾に再脚光 ファン絶賛「王様」