©AbemaTV

2月14日バレンタインデーに感謝や愛の告白をするため、準備を重ねている女性は少なくない。しかし、中には非常識な行動をとってしまう人もいるようだ。

12日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』で明かされた、「ブス」たちの驚きの行動が話題になっている。

■愛ゆえに不法侵入も…

番組では「バレンタインに見たブス」について街頭インタビューを実施した。

・「私、手作りチョコ作ってきたんだ」と言い、箱を開けてそのまま口にチョコを突っ込んできた「チョコねじ込みブス」

・もらったチョコの食感がぐにょぐにょで、得体の知れない何かが入っていた「チョコぐちょぐちょブス」。チョコをもらった何人かで話し合ったが、何が入っていたかはわからず、翌日にお腹を下した

・ブスの女子から好かれていたが、バレンタインデーの前日にその子の親が学校前に立っていて「キミってアレルギーとかないよね?」と聞かれた。翌日にアレルギーの入っていないチョコをくれた「親使いのブス」。チョコはすごく美味しかった

・先生にチョコを渡したかったが時間が合わず、先生が家に帰ってくる時間を見計らって家に侵入してチョコを渡した「不法侵入ブス」

・もらったガトーショコラの四角いチョコに、10本の髪の毛が入っていた

■髪の毛を食べさせたい女性も?

髪の毛が入っていたチョコに、スタジオからは悲鳴が。MCのおぎやはぎ・小木博明(46)は「女性の気持ちはどうなの? 髪の毛を食べさせるって」と、スタジオの「ブス枠」の女性たちに質問した。

すると、女芸人・ぐっちは「口に入れたい。興奮するんですよ多分」と理解を示し、自身の過去のエピソードを話した。かつて男友達へ料理を振る舞った際に、食べ物の中に髪の毛が混入してしまったことがあったよう。その様子を見て「ちょっと興奮しますもんね。嬉しいんですよ」と語った。

■バレンタインのココがムカつく!

その他にも、「バレンタインのココがムカつく」のコーナーでは、スタジオの「ブス」女性からさまざまなエピソードが。

女芸人・岡本美樹は、「チョコ渡したいからついてきて」と言われ、告白の付き添いにされることがムカつくと話した。「大丈夫かな? もらってくれるかな?」と心配する女性に「大丈夫だよ〜絶対もらってくれるよ!」と励ますのが面倒なのだという。

また、OLの女性からは、美人の女性の手作りチョコには「料理ができる女って良いよな!」とデレデレするが、ブスの女性の手作りチョコには「うわ、手作り! 何が入ってるかわかんない」とドン引きすることにムカつくとの声があがった。

■バレンタインは時代遅れ?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,400名に「バレンタインデー」について意識調査したところ、4人に1人が「時代遅れ」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

すっかりイベントとして定着したバレンタインデーだが、一定数はうんざりしているようだ。

大切な人へ感謝や愛の気持ちを伝えるバレンタインデー。なるべくなら、ドン引きされないようにしたいものである。

・合わせて読みたい→いらねーわ!「義理チョコを贈ってきた女性」のウザい行動3選

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年1月20日2017年1月22日
対象:全国20代~40代の男女1400名(有効回答数)

「バレンタインに見たブス」がヤバイ 「愛ゆえの仰天行動」におぎやはぎも恐怖