©AbemaTV

2月14日バレンタインデーといえば、意中の男性や、日頃の感謝を伝えたい人にチョコを渡す日。思いを伝えた結果、う場合もあれば、思いわず散る場合もあるだろう。

12日放送の『おぎやはぎの「ブステレビ』(AbemaTV)でのオアシズ・大久保佳代子(46)のバレンタインデーの悲しい思い出が話題になっている。

■100個のトリュフチョコを…

番組では「ブスにもバレンタインがやってきた! SP」と題してトークを展開した。大久保は、2年前にお笑いコンビたんぽぽ川村ミコ(38)と「チョコを作ろう」と話になり、素手で丸めて作るトリュフチョコを作っていたところ、「気がつくと100個出来てた」という。

そして、ふたりで100個すべてを食べきったよう。MCおぎやはぎ矢作兼(46)から「100個食ったの? ブスふたりで」と聞かれると、「ちょうど私が便秘のときに出るウンチくらい」と手で大きさをあらわし、スタジオは悲鳴をあげた。

■恐怖のバレンタインデー

また、小学6年生の頃にもほろ苦い思い出をった大久保

当時好きだった男子に、チョコと『シルバニアファミリー』のキャラクタークマを渡したよう。友人に囃し立てられ、半ば理やり渡したプレゼントだったため、「よかった、渡せたな」と達成感に浸っていた。

しかし、翌日にクラスで一番のいじめられっ子でいじめっ子の別の男子が、クマをくわえて奇をあげながら廊下を走っているのを撃。「あ、私があげたやつだ!」と思い、その男子クマを吐き出したのを見て確認すると、しっかりとが残っていた。大久保はそれをちりに包んで持って帰ったという。

このエピソードに、スタジオからは「なんで、なんで?」と困惑の様子。矢作も「怖いね」と大久保に同情した。

■バレンタインに告白した経験は…

しらべぇ編集部が全2060代の女性696名に「バレンタインでの告白経験」について調をしたところ、「経験アリ」と回答したのは約2割。

(©ニュースサイトしらべぇ)

60代の4.9%は、まだバレンタインで「を贈る」というイベントが広まっていなかったことも関係しているだろう。また、20代でも2割を切っている。

甘い思い出も、ほろ苦い思い出も経験するバレンタインデー。はたして、大久保にとって今年のバレンタインの味はビターになるのだろうか。

・合わせて読みたい→オアシズ大久保の「モテるブスとモテないブス論」に納得の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年1月20日2017年1月22日
:全20代60代の女性696名(有効回答数)

オアシズ大久保、悲しすぎる恐怖のバレンタインを告白 まさかの結末に悲鳴も