株式会社セガゲームスでは、スマートフォン(iOS/Android)向けのカメラRPG「パシャモン」を配信中。その魅を伝えるため、PR大使わーすたがザテレビジョン編集部を訪問した。

【写真を見る】わーすた5人をパシャるとどんなモンスターが出てくるの!?

「パシャモン」最大の特徴は、プレーヤーの使用するモンスターの入手方法だ。AI カメラの画像認識技術により、スマホカメラで身の回りの物や人、風景などを撮影する(パシャる)と、自動で色や明るさ、形などを判別し、被写体に応じたモンスターが出現。そして、集めたモンスター同士での対戦を、CPUや全プレーヤーと楽しむことができる。

来社したわーすた速、編集部員に「パシャモン」の遊びかたをレクチャー。編集部員と一緒に、身の回りにあるさまざまな物をパシャり、モンスターを集めていくことに。まず手始めに近くにあったペットボトル入りをパシャると、“ティーバッグ”のモンスターが出現。AIカメラの認識の高さを体感した編集部員から、驚きのが上がった。

パシャった写真は、プレーヤー相棒であるロボット・パシャモンがいろいろとしゃべりながら分析し、モンスターを発見するという流れになっている。しかし、このパシャモンの分析があらぬ方向へ進み、予想外モンスターが出てくるのもこのゲームの魅の一つ。

テレビジョンレモンネルからは、リーゼント学ラン姿のいかにも悪そうなモンスターがなぜか登場。さらに、わーすた5人をパシャると親子2匹のコアラモンスターが現れ、メンバーから「家族写真みたいになっちゃったのかな(笑)」「だいぶ人数が足りてない(笑)」など、笑いが起こっていた。

その後、集まったモンスターを使いわーすたと編集部員によるバトルが行われることに。坂元葉月廣川奈々による“わーすたチーム”と、編集部員+松田美里小玉&三品香の“ザテレビジョンチームに分かれ、本作のオリジナルTシャツを懸けて戦いが繰り広げられた。

本作のバトルには、“ほのお”や“みず”などモンスターの持つ属性間の相性が存在し、有利な属性モンスターを控えから場に出すのが重要。しかし、相手も同じことを考えるため、読み合いによる駆け引きを制した側がバトルを優位に展開できる。

と、そんな要素を“ザテレビジョンチームに入ったわーすたの3人が編集部員に丁寧に説明してくれたためか、バトルは“ザテレビジョンチームがまさかの終始優勢。途中、勝利を確信した三品の口から「もう勝てますね、これは!」というせりふが飛び出す一幕もあり、その流れのまま“ザテレビジョンチームの勝利に終わった。

勝利した編集部にはオリジナルTシャツわーすたから贈られた他、2月22日(木)までゲーム内でバレンタインイベントが開催されていることにちなんで、チョコレートプレゼント大盛り上がりのままメディアキャラバンを終えた。

バトルの終了後には、わーすたへのミニインタビューも実施。「パシャモン」の魅をさらにってもらった。

わーすた ミニインタビュー

――「パシャモン」で個人的に好きなところをお聞かせください。

松田:私は登場するモンスターがとても好きです。パシャったときに、どんなモンスターが出てくるのかドキドキしながら待っている時間が楽しいですね。カッコよかったり、不思議な感じだったりと、このゲームにはいろいろなモンスターが出てくるのですが、かわいいモンスターのかわいさがすごいんです(笑)。個々のモンスターグッズが出たら欲しいくらい、ずっと見ていたいですね。

小玉:私は同じものをパシャっても、レンズを換えるだけで全然違うモンスターが出るところが楽しいです(※通常の「ノーマルレンズ」以外に、特定ジャンルのものをより正確に判定できる「どうぐレンズ」「まちなみレンズ」「たべものレンズ」などが存在)。同じものの撮影を他のレンズで試すのが最近のお気に入りですね。

三品:後は、いろいろなモンスターが集まってくると、モンスター同士で“交配”ができるんです。それでどんどん強いモンスターを生み出して、最終的には一番強いSSランクモンスターを作るのもすごく好きです。

――最後に読者の方に向けてメッセージをお願いします。

廣川:「パシャモン」はカメラAIを取り入れた今までにあまりないゲームになっていて、個人的にもすごく興味深いと思っています。パシャったものがそのままモンスターになるのではなく、それに関連したものをパシャモンが考えてたどっていくところを見るのがすごく楽しいです。

小さい子ならパシャるところ、女の子ならかわいいモンスターを集めるところ、ゲーム好きの方ならバトルでの心理戦の部分など、楽しみ方がたくさんあるゲームになっています。ですので、小さい子から大人の方までいろいろな方に楽しんでもらえたらいいなと思います。(ザテレビジョン

わーすたがスマホゲーム「パシャ★モン」のPR大使としてザテレビジョン編集部に来訪!